コンドルとカモメのVoyage

【Preview】1つでも多くの笑顔を~2019第40節vsジェフユナイテッド千葉(A)

time 2019/11/09

【Preview】1つでも多くの笑顔を~2019第40節vsジェフユナイテッド千葉(A)

秋のアウェイ3連戦×2は昇格に向けた最後の試練になる、ここを越えて昇格だー!……なんて言ってた開幕前。こんなはずじゃなかった。はい、ご存知の通りこのターニングポイントになるはずだった6試合中5試合が終わり、0勝1分6敗。あんま比べたかないですが、同じような道をたどることになった某チームはアウェイ3連勝で味スタに帰ってくるとか。ま、あっちはあっちですがね。そんなんで、早くも残り3試合。このフクアリが今シーズラストのアウェイゲームとなります。

sponsored link

スタメン予想

ジェフユナイテッド千葉のここ4試合のスタメン

  

次につながるゲームを見せる意味

数日前のTwitterでも呟きましたがね、先週からのいわゆる消化試合ってやつは、こういうゲームだからこそチームの、選手たちの真価が問われるゲームなはずなんですよ。昇格という目標が消滅したなかでも、いかにいいサッカーをして、少しでも多くの笑顔を届けるサッカーができるか。「来シーズンも応援したい」って思えるサッカーを、ね。

加えて、オフシーズンの補強にも関わってくるところだと思うんですよ。ある程度はすでに目星をつけたり動いたりしているとは思いますけど、2017年シーズンオフに優平、奈良輪、ヨンジ、上福元らJ2各チームの主力メンバーが決して契約条件が良いとは言えないヴェルディに来てくれたのは、ロティーナの元でやりたい、ってのが相当に大きかったはず。そのクラブがどういうサッカーをして、どういう指導者のいるチームなのか、選手たちにとっては非常に大切なファクターなんですから。

果たして、「今の永井ヴェルディでやりたい!」って選手がどれだけいるのか。良くも悪くも珍しくメディアに出るときには「永井監督の申し子」と一緒にこのサッカーは紹介されるわけで、どの試合でどの解説者たちも口を揃えて「育成組織が、育成組織が」って言うのは、結局ヴェルディのイメージって「ユース組が優先されるチーム」なんでしょ。来季は4人も昇格してくるわけで。同じ実力だったら教え子が使われる、っていうイメージを選手たちは持っていると思います。(実情はどうかなんてわかりませんけどねー)

…っていうことなので、もうそれはクラブのイメージだからしょうがないにしろ、だからこそこの3試合で「永井サッカーは楽しい、そして勝てる!」ってのをマジで見せなきゃいけないんですよ。2014~16のオフやシーズン途中加入選手なんて、ユース組(大卒含む)と他を戦力外になったベテラン選手ばっかりだったんでね。まぁ当時は金銭的な問題もありましたけど。

なんか明日の試合とたいして関係ないことばかりですが、まずは勝つことを大前提に、少しでも楽しいサッカーでみんなで笑顔になりましょう。

ジェフさん、まぁ言わずもがなな状況ですがね。いい選手はいっぱいいるのにね…。現役ベネズエラ代表とかいるのにね(なお試合には出てない模様)。とはいえ先週はうちより上にいる金沢に勝ってるんだから、楽しいゲームにしましょう。アランも最近はレギュラーに定着して楽しそうにやってるみたいだから楽しみ。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村