コンドルとカモメのVoyage

【Result】痛恨の~2019第32節vsアルビレックス新潟(A)~

time 2019/09/15

【Result】痛恨の~2019第32節vsアルビレックス新潟(A)~

痛いなぁ、と。プレーオフ進出が現状の目標として、こういう試合を落としちゃいかん。といっても、冷静に見ると「勝てなかった」よりも「負けなくてよかった」って感じなんですけどね。

➡ 続きを読む

sponsored link

結果

=====新潟==東京V====
(前半)  0 - 0
(後半)  1 - 1
=================
合計   1 - 1

●得点者
(52’)レアンドロ(東京V)0-1
(77’)シルビーニョ(新潟)1-1

スタメン


(64’) 山本 理仁(out)→小池 純輝(in)
(76’)クレビーニョ(out)→河野 広貴(in)
(86’) 梶川 諒太(out)→藤田 譲瑠チマ(in)


(64’)渡邉 新太(out)→本間 至恩(in)
(76’)フランシス(out)→矢野 貴章(in)
(90’) 高木 善朗(out)→カウエ(in)

簡単にセットプレーを与えないこと

永井監督になって、「今日は全然ダメ」って試合はアウェイ京都戦くらいで、比較的良い時間を多く作れているのは素晴らしいことだと思います。この試合は、ジャイルトンを左、潮音を右のウイング、優平がアンカーでスタート。攻撃の狙いどろこは、相手左サイドバックの堀米の裏。潮音に当てたり理仁が大外に開きながらパスを受けて、クレビーニョがインナーラップで突いていく形をイメージしていたのではないでしょうか。

逆に左は、シンプルにジャイルトンの個人技、スピードで割っていく。何度かサイドを割れそうな感じはありましたが、割と早いうちに、「ジャイルトンはスピードを殺してしまえば大したことはない」ってのがバレた気がします。

20分頃に潮音とジャイルトンのサイドを入れ替え、さらにその後は理仁とクレビーニョを入れ替え。よりクレビーニョがガンガン攻撃に加われるようになりましたが、そのぶん前に走ってる状態でボールを奪われることも増えるので理仁や優平、さらに逆サイドのフロントボランチの梶川の負担も増えると。

ブラジル人を3人起用することで攻撃のダイナミックさは増しているし、この辺が「楽しくなってきた」感じはあるものの、守備時は彼ら3人以外が1.5倍走っている印象。果たしてこれでいいのか。まぁクレビーニョとジャイルトンがいなかったらいなかったで、またボール回し選手権になっちゃうんだろうけど。

ただ彼らはなんやで1点は獲ってくれるのでね。その辺は多少、割に合っているとも言えますが。ただクレビーニョは4試合連続で途中交代。ちょっとそれはどうにかならないものか。さらに梶川もこの試合でも終盤に疲労困憊で足を攣ってしまった。今までスタミナには自信があった梶川があんな風になってしまうのは、それだけ負担が大きいってこと。さらにこの試合ではコンディションが万全ではない(と報道されている)理仁も早めの交代。となると、交代枠がある程度決まってしまうっていう。

理仁はこの試合はそのコンディション通りのパフォーマンス。いくら信頼を置いている選手とはいえ、この試合ではこのチョイスはちょっと失敗だったのではないかと。

ジャイルトンは詰まったら詰まったで無理やりでもクロスかシュートを選択するので、ボール支配率が下がるのは当然。コーナーキックをたくさん取ってくれましたが、今のヴェルディは高さがなくそれを活かせないですからね……。とはいえ高さがなくともキッカーのボールの質でどうにかなることもあるのですが、この試合ではキッカーはクレビーニョ。優平がいるのに。

まぁユースのサッカーでも心配されていたように、このチームの弱点はセットプレー。長崎戦に続き、あっさりとコーナーからシルビーニョに決められて同点。FPも身長が低くて弱点なのに、上福元もCKの守備は苦手なのが苦しいところ。ここ数試合はやや無理やり飛び出している印象。ギリギリ触っているけど、なかなかつらい。もちろんシュートストップやボール保持時に素晴らしい活躍を見せているんですけどね。

最後の交代カードに、二種登録でプロデビューとなった藤田譲瑠チマ。フランシスにフィジカルであっさりふっとばされてしまいましたが、ボールに触れる回数も多く、それでいて落ち着いてさばいていたのはこれからの成長が楽しみ。

今のシーズン終盤のこの時期に、勝ち点3以外は大した意味がないということもあり、3枚目のカードがカン・スイルじゃなかったことに不満を持つ人も多いでしょうね。確かにそう思います。ただ梶川を替えなくちゃいけなくなった時点で、そこにスイルをぶっこんでもね……と。パワープレーはやらない永井監督ですし、サイドでゴリゴリ仕掛けさせるってのもなんか違うし。使うなら、2枚目で河野じゃなくスイルじゃなかったのかなと。ただまぁその時点ではリードしていたし。難しいところ。

まとめ

ホントもう首の皮が一枚つながってるかつながっていないか、っていうところに来てしまった感じ。そんななかで、大宮、柏という連戦。今季完全終了みたいになってしまうのか、食い下がるのか。選手たちはもちろん、サポーターも気持ちを見せて戦いましょう。

➡ 折りたたむ

 

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村