コンドルとカモメのVoyage

【2019夏退団】渡辺皓太(→横浜F・マリノスへ完全移籍)

time 2019/08/10

【2019夏退団】渡辺皓太(→横浜F・マリノスへ完全移籍)

発表されて2日くらい経てば少しは気持ちが落ち着くかなと思いましたが、全然そんなこともなく。気持ちは明日の鹿児島戦に切り替えてはいますが、やはりショッキングだったなーっていう思いは心から消えません。

【2018振り返り】No.33 MF 渡辺皓太

移籍発表はLINEの通知で知りました。朝9時てはえーな。
見た瞬間は、「は?ふざけんな?」が正直なところです。急転直下、晴天の霹靂、寝耳に水……。いずれはヴェルディから巣立っていく存在だってのは十分にわかっていましたが、ご存知のとおり永井新体制でのキャプテンに就任したばかり、先日は結婚を発表したばかり、いろいろな責任を背負って戦っていくんだろうなとちょっと安心していたところだったので、その衝撃の大きさはハンパじゃありません。

去年の畠中の移籍と同じような形にはなりましたが、安心していたという点においてはそれ以上のインパクトだった気がします。

「は?ふざけんな?」

これは畠中の時に思ったのですが、正直なとここれはマリノスに対して思ったことでした。ただ今回に対しては正直、皓太に対してそう思いました。キャプテン就任が本人の本望ではないこと、移籍のオファーは最近になってのものだったこと、選手としてより上を目指し条件の良いところでプレーするのは当然の判断であること、いろいろな理由があるにせよ、ヴェルディに対して大きな不義理となる決断であったのは間違いありません。キャプテンを引き受けた責任は?無責任すぎる。

「頑張ってやってこいよ」

なんて気持ち良く送り出すことなんて到底できません、自分は。決まってしまった以上、もう何を言ってもしょうがないですし、いずれ皓太がマリノスで活躍し、代表でプレーすることになれば間違いなく気にして観るでしょうし応援すると思います。だって彼がヴェルディで育った選手であるという事実は変わらないですから。でも今はとても、そんな風には思えません。

これにより、ヴェルディの若手は金を積めば、J1のチームなら移籍してくれる。そう思われてしまうのも怖いです。潮音、寛也、森田、理仁。みんなもうすぐにでもオファーがくるでしょう。そうなったときにどういう判断をするか。ヴェルディユースだって無尽蔵に人を輩出できるわけじゃないんですからね。

そんな気持ちの面はさておき。
今のマリノスは、客観的に見てもJリーグの中で良いチームだと思います。環境や所属する選手たちのレベルはもちろん、畠中が割とすぐにフィットし代表まで登りつめたように、ロティーナの下で学んだポジショナルプレーを皓太もいかんなく発揮できるはずです。
彼の適正ポジションは間違いなくインサイドハーフ。現状の永井体制ではボランチやアンカーで起用されてきましたが、プレー集の動画などをご覧いただければわかる通り、ドリブルと力強いシュートも大きな持ち味の選手であり、攻撃面でもっと力を発揮してほしい選手です。小柄ですが貧弱さはまったくなく、むしろ屈強なほう。体格通りの俊敏性もあり、激しいトランジションの場面が多い現代のサッカーにおいて必要なものを十分に持っています。また“ジャガイモ”“フラフープ師匠”といろいろいじられたり、インタビューが苦手でたいした内容を話せないぶっきらぼうですが、試合中のアツさはヴェルディ育ちらしいものを持っています。

マリノスでレギュラーを獲るのは簡単じゃないと思いますが、やれる力は十分に持ってるので、移籍したからにはやってくれるんじゃないでしょうか。

とにかくもう、いなくなった選手のことを考えるのは最後。今年は現状、目標の置き所があまりにもモヤっとしている状況になってしまいましたが、幸いなことに皓太が抜けたぶんを補える選手たちは揃っているので、今のヴェルディの選手たちとともに、また明日から戦っていきましょう。

【2017振り返り】No.33 MF 渡辺皓太

【2016振り返り】No.33 MF 渡辺皓太

 

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村