コンドルとカモメのVoyage

【Preview】対応力を見せる~2019第25節vs栃木SC(A)

time 2019/07/31

【Preview】対応力を見せる~2019第25節vs栃木SC(A)

リベンジ6の第3戦目は平日アウェイ栃木。今週末は首位京都ですからね、ここで勢いを持って乗り込んでいきたいところ。みんなでおいしい餃子を食べにいきましょう!

sponsored link

スタメン予想

栃木SCのここ4試合のスタメン

荒れたピッチにいかに対応するか

もう海江田さんマガジンでも、どんだけしつこいんだってくらい選手たちみんなに聞いてますが、栃木のホーム・グリーンスタジアムは今季、芝生の状態が本当にやばい。ケガ人出るんじゃないかってくらい慢性的に荒れてて、いつも通りのサッカーをするのは簡単じゃありません。

先週末の試合では、比較的ここ最近は地上戦で戦っていた柏でさえもオルンガへのロングボールを多用した戦い方をしていたようです。栃木のほうも、本来であれば2列目の西谷や浜下といった優秀なドリブラーやご存知大黒を活かして戦いたいところでしょうけど、この夏に加入した190cmの長身キム・ヒョンや、ゴールキックからはとにかくヘニキを目がけて蹴って彼らパワーを存分に使った戦い方にシフトしつつあります。彼らはこの10試合でもわずか1勝と結果はまったく出ていないですが、内容自体は悪くないとのこと。守備の安定感が欠けており、割とイージーな失点をしてしまうところがやはりあるみたいで。スタートは3-6-1が基本ですが、柏戦で途中から採用した、大黒とキムを並べる4-4-2もオプションに持っているよう。

ただデュッセルドルフから加入した三宅や、左サイドの瀬川、CBの乾らこの夏に加入した選手がすでに馴染んで結果を残してチームは変わりつつあるので、ここ数試合の印象とは違ったチームになっているかもしれません。三宅なんかは、栃木側のWebマガジンのコメントとか読むと若いながらかなりガツガツ系で勢いある選手。ボランチかシャドーに入ると思いますが、警戒したい。

というなかでヴェルディはどう対応するか。

ロングボールを多用するサッカーなんてまずできないので、基本的には同じように地上戦の戦い方を継続するでしょう。永井監督いわく「技術があればどうにでもなる」とのことですが、果たして。どちらかと言えば、足元で扱うのが好きな選手たちが荒れたピッチに対応できずにやられた記憶のほうが多いのでね。

平日ゲームということで、メンバーも気になるところ。
まずヨンジが出場停止で不在ですが、キム・ヒョンがスタメンなのかベンチスタートなのかというところでの駆け引きになりそう。スタメンなら高さを意識して近藤を入れたいとこだし、地上戦なら内田や田村でも良さそう。本来ならどちらにも対応できる若狭なんでしょうけど、コンディション不良とのことで残念。

早めに永井さんの戦術を色んな選手に浸透させる、という点からも前線は多少入れ替えるのではないか。レアンドロはまぁコンディション的に週2試合は厳しそうですが、前節は60分ふで交代してるんでね。どちらにしろベンチには入れるでしょうし、普通にスタメンもあるんじゃないかと。代役は同じ役割ができそうな端戸かな。もし終盤にパワーが必要なときに備えて、陵平もベンチには入るでしょう。

どうにも永田のパフォーマンスは悪くないけど良いわけでもないように見えるので、奈良輪はここで復活か。澤井も早くゲームで見てみたいし、純輝も相当お疲れかと思うので、ここで澤井抜擢もあるんじゃないかと思ったり。

といういろいろ考えていると、今日の試合はいろいろ楽しみですね。
愛媛、町田に続きここ最近は不調の相手ということで多少の戦いやすさはあるかもしれませんが、当たり前だけどサポーターも油断せぬように。ホームではあれよあれよと失点し、西谷のドリブルなどで切り裂かれて逆転されてるので、そのリベンジをぜひ。3連勝で波に乗って、週末の京都に乗り込んでいきましょう。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村