コンドルとカモメのVoyage

【Result】命題クリア~2019第20節vsFC岐阜(A)~

time 2019/07/01

【Result】命題クリア~2019第20節vsFC岐阜(A)~

いやー楽しかった。SKEのトークショーに、試合前ライブはなんと5曲。太っ腹~。みなるんかわいいいよみなるん。ハーフタイムにも2曲!……ってまぁそんなのはオマケですよ。クソ蒸し暑かったけど試合前には晴れ間も見えて。かつ劇的勝利。なかなかいいアウェイ遠征でした。

➡ 続きを読む

sponsored link

結果

=====岐阜==東京V====
(前半)  1 - 1
(後半)  0 - 1
=================
合計   1 - 2

●得点者
(29’)山岸 祐也(岐阜)1-0
(45’)井上 潮音(東京V)1-1
(90’)レアンドロ(東京V)1-2

スタメン


(56’)林 陵平(out)→レアンドロ(in)
(85’)山本 理仁(out)→藤本 寛也(in)
(89’)永田 拓也(out)→ヴァウメルソン(in)


(46’)川西 翔太(out)→粟飯原 尚平(in)
(56’)ライアン デ フリース(out)→永島 悠史(in)
(84’)前田 遼一(out)→風間 宏矢(in)

北野流甲羅戦術は健在

なんといいますかね、戦術的な話をするのもバカバカしいなって試合ですよ。ほんと。もちろん細かいところを見れば、フォーメーション的なかみ合わせとか、相手の守備ブロックに対してヴェルディがどう崩そうとしてたのか……とかあるんですけど。

岐阜のスタートは4-4-2。4バックはみなCBタイプのガチガチ。こりゃ、来たぞと。しかも、守備時には左SHの川西は純輝に対応するために下がり、場合によっては右の山岸もSBの位置まで引く6バック。得点は、前線に残る前田遼一とライアン・デ・フリースを起点としたカウンター頼み。プレスもほとんどかけてこない。

こんな相手に失点なんてするわけないよねーなんて思ってたら、フワっとミスも絡んで失点しちゃうのは、監督が誰になってもヴェルディの悪い癖。まんまと0-1になり、相手は甲羅に籠っちゃいました。ところが、前半の内にPKをゲットで追いついたことがナイス。潮音のプロ初ゴール。自分で蹴りたがった潮音もナイスだし、彼が点を決めるということにどういう意味があるのか理解して譲った端戸もナイス。

後半、純輝をかなり抑えこんでいた川西がベンチに下がり、スピードのあるレフティ粟飯原が左サイドへ。これがけっこう大きかったかな。なんで下げたんでしょう、ケガかな。それとも、スピードでカウンターを狙う意図があったのか。

どちらにせよこれにより純輝のサイドも前半よりは押し込めるようになったし、左は左で優平と永田でなんとか押し込む。実質CBが4人もいてクロスも通用しなくなったので、レアンドロに代えて起点を作りやすくする。この状況で守備をほとんどする必要もなかったので、これはいい采配。
ネガティブトランジションのとこでボランチとしてやや不安もありスタメンを外れた寛也を理仁に代えて投入。ボランチというかほぼ攻撃に参加してたので、これも当たり。結果、寛也のクロスにレアンドロが飛び込んで逆転と。

ビルドアップの際に後ろの人数を余らせすぎじゃないかって気は若干しましたが、カウンターに備えるっていう意味ではまぁ必要な人数だった気もしますし。あれだけガチガチに守っている相手に、クロスを入れつつ、フリックやダイレクトでグリグリと中央を割っていく。中央にあんだけ人数がいたらそもそもミドルだってよほどのものを打たないと入らないだろうし、あれで良し。とにかく後はあの壁を崩せるかどうか…ってことで、最後によくやってくれました。

もし引き分けてたらまんまと北野監督の思うツボにはまったうえ、ヴェルディとしても徒労感のみ残るゲームとなってただろうから、本当にナイス。

まとめ

ということで、あんだけドン引いて守ってくるチームはそうないだろうし、ある意味もうこのゲームは他と別物と考えてもいいし、忘れてもいいくらい。結果的に勝てた、ということだけ刻み込んでおきましょう。とはいえ前半のゆるっとフワっと失点するのだけどげんかせんと。

次は前半戦ラスト。ホームではえらく勝ってないんでね。勝ちましょう。

➡ 折りたたむ

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村