コンドルとカモメのVoyage

【2018振り返り】No.11 FW 林陵平

time 2018/12/17

【2018振り返り】No.11 FW 林陵平

sponsored link

ヴェルディを昇格させるために帰ってきた男

CFのポジションはドウグラスがファーストチョイスとして君臨していたため、スタメンはわずか11試合、途中出場でもドゥグとの共存のために右インサイドウイングで起用されることが多かった。昨シーズンは水戸でほぼ全試合に出場して14ゴールを挙げた男としては、不満の残る結果だったのではないでしょうか。

その一方で、1157分という出場時間ながらチーム2位となる7ゴールという高い得点率をみせたのも事実。ドゥグが3305分で13ゴールということを考えれば、いかに短い時間で結果を残し続けてきたかというのは明らかでしょう。

右サイドでもハーフスペース攻略のために的確なポストプレーでチャンスを作っていましたし、守備でも貢献していましたが、得点の多くはCFで出場したとき。やはりゴールハンターとして中央でプレーしてほしいなというのが本音ですね。来季はドゥグがいなくなり、代わりに誰かしら外国人FWがやってくるでしょうが、これだけ結果を残す男をベンチに置いておくのはやはりもったいない。ぜひスタメンでゴールを量産してほしい。

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ

雑ネタ



sponsored link

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村