コンドルとカモメのVoyage

【Result】つないだ望み~2018第41節vsカマタマーレ讃岐(H)~

time 2018/11/12

【Result】つないだ望み~2018第41節vsカマタマーレ讃岐(H)~

結果オーライ、といったところでしょうか。とにかく勝つしかないんでね。他もみんな勝ったからただ試合を消化しただけになってしまいましたが、もうそれはそれでしょうがない。前節のショックから立ち直って勝利を得たんだから、前向きに。

➡ 続きを読む

sponsored link

結果

=====================
2018明治安田生命J2リーグ第41節
東京ヴェルディ vs カマタマーレ讃岐
2018年11月11日(日)
@味の素スタジアム
13:03キックオフ
=====================

=====東京V=讃岐=====
(前半)  1 - 0
(後半)  0 - 0
=================
合計   1 - 0

●得点者
(38′)井林 章(東京V)1-0

スタメン

(66′)林 昇吾(out)→奈良輪 雄太(in)
(77′)渡辺 皓太(out)→アラン ピニェイロ(in)
(83′)井上 潮音(out)→梶川 諒太(in)

(66′)重松 健太郎(out)→原 一樹(in)
(77′)佐々木 渉(out)→我那覇 和樹(in)

讃岐には勝てた、でも町田はこんなものではない

奈良輪、泉澤、レアンドロ、さらに言えば寛也の負傷もあって松本戦からは実に5人を入れ替えて臨んだこの試合。多少、昇吾については心配はあったものの、寛也がいなくても同等に近いプレーを披露してくれたので問題ない。とはいえ、相変わらず久々に出場すると60分過ぎに足を攣ってしまうのはどうかとも思いますが。まぁね。

5人も入れ替えながらクオリティをほとんど落とさずに戦い抜けたのは、今年のチームの強みだと思います。特に潮音は梶川にはない強さを見せてくれましたし、皓太も今シーズン前半戦と比べるとちょっとボールが足につかない感じはあったものの(決定機を逃したシーンも含め)、良い感触でプレーできていたんじゃないでしょうか。当然、ここまで優平や梶川がチームを牽引してきたからこそ今があるわけですが、̪なんというか最大値を考えると潮音、皓太の2人がベストチョイスなんじゃないかと思える内容でした。

セットプレーの流れから、クロスを平が落として井林ボレーで先制。

確か2015年のアウェイ群馬戦でもセットプレーからボレー決めてるはず。もう一個くらい何かあった気がしますが、何かとボレーシュートがうまい井林キャプテン。まさかこれがシーズン初ゴールだなんて。ちょっと意外ですね。

前半に2度、決定機を作られますがなんとか逃れ、後半もある程度ボールを持たれますがなんとか完封。うん、なんとか、なんですよね。本当であれば、いくら相手が残留争い真っ只中の最下位だろうが、もっとしっかり勝ちたいんですけどね。言っちゃ悪いですが、去年アウェイで戦った群馬なんてもっと死に物狂いで目を真っ赤にしてゴールを狙ってきて本当に怖くて。それに比べると昨日の讃岐は……と感じていたので。割といつも通りだったというか。

皓太が後半途中から足を痛めたか攣ったかの状態になってたので、アラン投入のヨンジをインサイドハーフへ、はわかってました。相手はラインを高くしていたし、アランが裏へぶち抜いて1点奪ってくれという狙いもあったかと思いますが。ただそれ以上に、どうしたの?ってくらい守備が緩慢。去年とかアランがとても頼れる存在だったのは、ブラジル人らしからぬ勤勉で理解度の高い守備ができてたからだと思ったんですがね。愛媛戦、この試合はどうしちゃったのよと。この感じだと、ちょっと怖くて町田戦でスタメンは難しい。

逆に、昇吾や、途中から香川を右ウイングに置いたのは、裏抜けする皓太あるいはドゥグを使いやすい(加えてそれを囮にカットインしてドカンとミドル打ってくれれば最高)というところだと思うんですよね。ある意味、この讃岐戦以上に町田を意識して。あるいは町田対策として有効なサイドチェンジを出しやすかったり。

アランの不安定っぷりのみ、ちょっとこの試合の心配の種かもしれません。

まとめ

得失点差を考えれば2点、3点と奪ってくれよと思ってましたが、結果的に1にとどまってしまったことで、最終節の町田戦は引き分けじゃダメになりました(すでに勝ち点68の大宮に得失点差で負けているため、大宮が勝ちヴェルディが引き分けの場合は抜かれる)。

これって非常に去年の徳島のシチュエーションと似ていて。彼らは、引き分けOKという“毒リンゴ”をもってヴェルディ戦に臨んだわけです。結果論だけど、引き分けた両チームともPOに進出できたわけです。もちろん、引き分けOKだなんて気持ちはなかったでしょうけど、結果的に徳島は負けてしまった。その毒リンゴの影響があったかどうかはわかりませんが。

ということで、うちはそんな心配なく、勝利以外ありません。町田も、ライセンスはないけど、優勝の可能性だってあるんだから全力で戦ってくれる。最高じゃないですか。やったりましょうよ。過去一番盛り上がる東京クラシック、勝ってやりましょうよ。今年のチームはダブルを食らってない、かつ前半で負けたチームにはきっちり借りを返してる。勝つでしょ。

P.S.

あまり今から先のことを考えるのは野暮ですが、町田に勝ったとしても5位フィニッシュが一番確率としては高そう。その場合町田は4位、うちがホームで福岡or大宮を迎え打ち、3位のチームとアウェイゲームでPO決勝。

アルウィンでやりたい。山雅をぶっ潰したい。

あそこで、あいつらに勝たないと、たとえ昇格できたとしてもスッキリしないですから。

➡ 折りたたむ

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村