コンドルとカモメのVoyage

【2018夏退団】澤井直人(→ACアジャクシオ 期限付き移籍)

time 2018/08/30

【2018夏退団】澤井直人(→ACアジャクシオ 期限付き移籍)

ちょっと…というかだいぶ遅くなりましたが、澤井直人がフランスのACアジャクシオへレンタル移籍することになりました。ヴェルディが今年から提携するクラブであり、ヴェルディの強化の新たな形となる移籍となりそうです。

➡ 続きを読む

これまでヴェルディでは、ユース年代までは世代別代表に選ばれるような選手を多数輩出しながら、A代表でのワールドカップ出場はもちろん、オリンピックに”ヴェルディ所属”のまま出場する選手はここ数年出ていません。
トップで活躍して他クラブに移籍した選手はまだしも、ユース年代でかなりの実力を発揮しながらトップでは芽が出ずに消えていく選手もかなりいました。もちろんトップは勝たなきゃいけない、育成している余裕がない…という近年の切羽詰まった状況もありましたが、そういう面で澤井の移籍は今後の選手育成の可能性を広げる新たなモデルケースになりえるかもしれません。

さて、澤井について。

2014、2015、2016と順調に出場機会をつかみつつ、壁にぶつかりつつ、成長してきました。ところが昨年は開幕前のアキレス腱断裂の大けがによりシーズンの大半を棒にふるい、ロティーナのサッカーをあまり経験することができず、なんとかシーズン終盤に復帰。今シーズンは、同ポジションであり同期の安西幸輝が移籍したことにより、その代役の筆頭になる!……と自分は期待していました。
開幕頃からたまにベンチ入り、16節の愛媛戦で初のスタメン出場をするものの、あのときの輝きはいったいどこへ?という低調っぷりで前半で交代。その後、天皇杯でスタメンを張るも、ボールコントロールから運動量、積極性まですべてが空回り。一時は幸輝とともに右サイドでコンビを組み、2本の矢のごとく相手をグサグサと突き刺していた面影はまったくなくなってしまいました。顔を真っ赤にしながらサイドを疾走し、サイドを主戦としながらもゴールを決める力も備えている。そんな澤井の輝きは、今シーズンは全く見せることができていませんでした。

正直なところ。
来季に昇格しようができまいが、レンタルの泉澤は完全移籍を狙うだろうし、何よりシーズン途中に彼を獲得したぐらいなので、どのみちウイングやサイドの選手は補強ポイントになるのは間違いありません。大輔もレンタルから帰ってくるはず。

そうなると、このままでは澤井は戦力外の可能性が……と思っていました。

そんなタイミングで、アジャクシオへのレンタル移籍。期限は来年夏までなので、来季の契約を先にすることができたとも見えます。クラブとして、それほど彼には期待しているというところもあるでしょう。

澤井がどのような姿で来年に帰ってくるのか?それは言うまでもなく、彼の努力次第。
壁にぶつかっている今だからこそ、それを乗り越えるための絶好のチャンス。一皮むけた澤井とともに、来年ともに戦えることを楽しみに待っています。頑張れ!

➡ 折りたたむ

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村