コンドルとカモメのVoyage

【Result】小さくも大きい1点の差~天皇杯4回戦vs浦和レッズ

time 2018/08/23

【Result】小さくも大きい1点の差~天皇杯4回戦vs浦和レッズ

sponsored link

結果

=====================
天皇杯4回戦
浦和レッズ vs 東京ヴェルディ
2018年8月22日(水)
@熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
19:03キックオフ
=====================

=====浦和=東京V=====
(前半)  0 - 0
(後半)  1 - 0
=================
合計   1 - 0

●得点者
(64分)12 ファブリシオ(浦和) 1-0

➡ 続きを読む

スタメン

(67分)29 森 俊介 ⇒ 28 菅嶋 弘希
(71分)7 アラン ⇒ 9 ドウグラス
(84分)20 井上 潮音 ⇒ 36 森田 晃樹

(56分)46 森脇 良太 ⇒ 27 橋岡 大樹
(73分)30 興梠 慎三 ⇒ 26 荻原 拓也
(87分)9 武藤 雄樹 ⇒ 15 長澤 和輝

これがJ1レベル

結論言うと、よく戦ったと思います。相手は中2日とはいえ、負傷の槙野を除いてフルメンバー。逆にこちらは、スタメン11人をリーグ戦から入れ替えたサブ組。途中出場も、ドウグラスはさておき、菅嶋、そしてユースの森田と、勝利を狙いながらもベンチメンバーの出場機会ととらえたゲームで、こういう0-1という結果は十分に賞賛に値するゲームだったと思います。

おそらく浦和はヴェルディのことはそこまで深く分析したわけではなく、あくまで自分たちのサッカーで臨んできたと思います。前半はそのあたりが影響してうまくボールを支配していたし、ヨンジのシュートがポストを叩くなど、1点が入ってもおかしくない展開でした。

ただ後半になると相手も慣れてきたと思うし、こちらもメンバーのほとんどが90分を最近は戦っていないので、次第に疲労によるクォリティが見えてくる。そういうなかで、完全に崩されたわけじゃないですが、ああやって一発で質の高いプレーを見せられてゴールを奪ってくるのはさすがJ1のチーム。

チームとしては90分通して戦えていたと思いますが、局面局面を切り取ると、1対1や球際での差は歴然。普段のJ2のチームが相手なら、「こうやってキープしておいたら奪われないだろう」というところで足が出てきてボールを突っつかれたり、「シュートを打てる!」という場面でしっかりブロックに入ってきたりと、やはりJ1のチームの選手は違うなと。

0-1という結果なので、勝てたという気持ちはもちろんあるし、何よりこのメンバーでこれだけやれたんだからベストメンバーだったら…という思いもあります。悔しい。でも、それでも結果は浦和の勝利。こうやって勝ち切ってくるのは、やはり強い証拠。ヴェルディもまだまだです。1点は小さくもあり、大きな差だなと感じた試合でした。

まとめ

浦和相手にほぼ問題ないディフェンスを披露した永田と若狭もリーグ戦ではほとんど出場機会がないとか、贅沢な選手層ですよね。この試合で一番良かったと思うのは、やはり潮音。最近のリーグ戦での迷いみたいなのが吹っ切れたかのように、守備ではガツンと当たりにいき、相手にとって危険なエリアにグイっとボールを運んでチャンスに絡んだり。このプレーができるなら、フクアリでの千葉戦はベンチスタートだと思いますが、これからのシーズン後半戦でスタメン復帰も十分に狙えるはず。

土曜の千葉戦。

まだ勝ったことのないスタジアム。
レギュラー組はこの試合が間違ないなく刺激になったはずだし、ベンチメンバーは自信をつけたはず。どんなプレーを見せてくれるのか、楽しみです。

➡ 折りたたむ

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村