コンドルとカモメのVoyage

【Result】ブラジルパワー~2018第25節vsアルビレックス新潟(H)~

time 2018/07/26

【Result】ブラジルパワー~2018第25節vsアルビレックス新潟(H)~

でかい。この勝ちはでかい!試合内容どうであれ、夏場のミッドウィークに苦しい展開を乗り越えての勝利ってのはメンタル的に大きいですねー。奇数月の呪いなんて嘘のようです。

sponsored link

結果

=====================
2018明治安田生命J2リーグ第25節
東京ヴェルディ vs アルビレックス新潟
2018年7月25日(水)
@味の素スタジアム
19:33キックオフ
=====================

=====東京V=新潟=====
(前半)  1 - 2
(後半)  3 - 1
=================
合計   4 - 3

●得点者
(4′) オウンゴール(東京V)1-0
(37′) 安田 理大(新潟)1-1
(42′) 田中 達也(新潟)1-2
(59′) ドウグラス ヴィエイラ(東京V)2-2
(67′) 広瀬 健太(新潟)2-3
(76′) ドウグラス ヴィエイラ(東京V)3-3
(90’+2) アラン ピニェイロ(東京V)4-3

スタメン

(HT) 泉澤 仁 → 藤本 寛也
(55′) 佐藤 優平 → アラン ピニェイロ
(75′) 渡辺 皓太 → レアンドロ

(68′) 加藤 大 → 渡邉 新太
(75′) 田中 達也 → 渡邊 凌磨
(83′) 高木 善朗 → 河田 篤秀

レアンドロが絶大な効果発揮

録画を見直す時間ないので、現地で見ていたのとハイライトを観ただけの薄っぺらい雑感ではありますが…。まず先制点はCKから相手のオウンゴール。ラッキーではあったものの、コーナーで数的優位ならショートでつないでからゴールに向かうクロスを送るのが最近のヴェルディの得意な手。アルビレックスはこの辺、ほとんど対応できてなかったですね。細かいところかもしれないですけど、定石となっている戦略に準備ができてないのも、今の新潟の現状を表しているのかもしれません。
2回目以降はちゃんと対応されていたので。

ただそこから2失点。
ロティーナ体制初…というか、2016年5月の松本戦以来の被PKだとか。あぁ、あの忌まわしい松本戦ですか(笑)。97試合連続被PKなしというのは、世界的にもなかなかな記録らしくて。あれに関しては泉澤と田村の間を見事に割られてしまったマズさもあったし、このあたりは安田のうまさでもありますし。
2失点目もセットプレーから。折り返しに一瞬みんな動きが止まっちゃいましたね。田中達也だけ反応していたような。

後半から寛也を投入。
そうそう、この試合では奈良輪を右、直也を左でスタート。守備のルールづけがまだ甘い泉澤の後ろに直也を置きたいという狙いでしょうし、奈良輪・優平の縦ラインの相性の良さも考慮してですかね。ちなみに、地味にセンターバックもいつもと違って右が畠中、左が井林に変更。畠中から泉澤へのフィードも狙っていたのかもしれません。

後半は寛也の投入にともない”いつもの”形に。奈良輪が左、直也が右。センターバックも井林が右、畠中が左。細かい。

後半10分には優平に代えてアランを投入。優平は悔しがってましたね。気持ちはわかります。久々のスタメンだったし、むしろ奈良輪との良い関係でサイドを攻略できていたし、相手の守備に綻びが見えてくる”これから”っていう思いがあったんじゃないでしょうか。また以前もコメントしていたように、アランになることでボールを回すサッカーではなくなってしまいますからね…。

ただ結果的には、この大きな変化こそロティーナの狙いだったりもする。最終的には皓太に代えてレアンドロをトップ下に投入して、実質ブラジル人3トップの力づくサッカーに。でも勝つためにはこういうのも必要なんです。

優平には絶対に腐らないでほしい。ブラジル人のパワーで勝てる試合もあれば、優平や寛也のテクニックやセンスを生かしたサッカーで勝てる試合もある。泉澤のようなドリブルを使って勝てる試合もある。シーズン前半は両ウイングが代わる代わるいろんな選手が務めることで混乱していた時期もありましたけど、今はそれが功を奏していろんな戦い方をできるようになりました。対戦相手によって、うまく使い分けていければと思います。

レアンドロは圧巻…とは言いすぎだけど、合流から数週でこれだけ周囲をしっかり使いながらテンポ良く攻撃を組み立てられるなんて、やはりJ1級の外国人は違いますなぁ。結果、2,3点目ともしっかり絡んでます。20分で足を攣ったのはあれですけど、やはりコンディションが整ってスタートから戦えるようになるとこりゃ脅威ですわ。

最終的にはアランが決めて勝利。GKから直也へ、ドゥグへの縦パスをレアンドロへ落として走り込んだアランへ。後ろを回り込んできた梶川と奈良輪を囮に使いながらフィニッシュ。数分前のプレーでは疲労からタッチがおぼつかなくなっていてもう今日はダメだ…と思ってたらこうやってしっかり結果を出すわけですから、やはりそれがブラジル人と。
というか、あの時間帯であそこに猛ダッシュでサポートできる梶川と奈良輪は何者よ。奈良輪は湘南で鍛えられてきたからわかるけど、梶川なんて天皇杯、山口、新潟と中3日で3試合連続フル出場よ。さすがに最後はだいぶフラついていましたが。

まとめ

さぁ次はアウェイで最下位、どん底の京都サンガ戦。
今の彼らの状態ならば、”勝たなきゃいけない試合”ですよ。しかも彼らは開幕から全試合で失点中という。新潟に勝ったことで、その変なプレッシャーも感じることなく戦えるはず。新潟戦でベンチ外となったヨンジや、出番のなかった潮音、陵平ら誰が出ても楽しみであるのは間違いありません。台風だけが唯一の心配ですが……

最後に。

善朗はやっぱり良かったですね。ライン間でのボールの受け方から、中へ中へ切り込みながらスルーパスもシュートもできるボールの持ち方。
出ていった選手の活躍ってのは複雑な思いもあるけど、下部組織、そしてロティーナの下で学んだことをしっかりと出せているのかなっていう感じ。やっぱりうちで育った選手が他へ行ったときに「使えない」って思われるのもそれはそれでシャクなんでね。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村