コンドルとカモメのVoyage

【2018夏新加入】MF 泉澤仁(←ガンバ大阪 期限付き移籍)

time 2018/06/25

【2018夏新加入】MF 泉澤仁(←ガンバ大阪 期限付き移籍)

sponsored link

幸輝の穴を埋められるドリブラー

シーズン前半戦の総括はそのうちしようかなーと思っていたのですが、とにもかくにも、Wアンザイの穴をしばらく埋められなかったのは明らかでした。アンカズのほうは、右ウイングとしては寛也が一本立ちし、奈良輪・田村のサイドバックとしての安定感により程度はどうにかなった感じはします。

一方で幸輝のほうはといえば、守備面と運動量では奈良輪は良さを出しているものの、1対1での仕掛けではなかなか厳しいものがあり、シーズン序盤での得点力不足の原因となっていました。穴を埋められていない、その言葉通りだと思います。

誤算だったのは、高井が思うようにフィットしなかったこと。ドリブルとシュートだけなら幸輝以上の力を持っており、その穴を埋める第一候補としての加入でした。ところが、おそらく守備面での理解がなかなか進まず、また攻撃面でもなかなか良い形でボールを受けられずに良さを出すことができていません。何試合かチャンスを与えられたものの、行方不明に陥ってました。最近ではベンチ外が続いています。まだ彼は若いとはいえ、ある程度即戦力として期待していたぶんがっくり感は否めません。

そこで今回加入が決まったのは、泉澤仁。
ヴェルディにとっては、2015年に彼が大宮に在籍していた際、あのドリブルでチンチンにされたのは記憶に新しいでしょう。リーグ戦ではそこそこ対応できたけど、天皇杯で大木がズタボロだったのは特に覚えています(笑)
加速度的に成長を見せ、当時のJ2ではNo.1のドリブラーと言っても過言ではなかった印象です。

その後ステップアップし、昨年からはガンバに移籍。
ただ厚い選手層に阻まれて今シーズンはここまでリーグ戦では3試合の出場にとどまっていましたが、そこで炸裂した竹本ルート。左サイドで単騎できるドリブラーを獲得することができました。

彼の特徴は当然ドリブル。それは言うまでもありません。
加えて、中にカットインしてからのミドルシュートも数多く放っており2015年シーズンは7得点。しっかりとゴールを奪えるドリブラーという印象です。また彼の得意技である「ゼロヒャク」という右足のインサイドで縦に押し出すプレーを使って、中を見せつつ縦に行くのも得意としています。左足の精度はそこまでかもしれませんが、グイグイとえぐってゴールに近づけることもできるので、そこまで気にならないかもしれません。

当然ながら気になるのは、彼がすぐにフィットできるのかという点。

優平、陵平、森が出場できるようになるまで時間がかかったように、守備面での理解が進まない限りはそう簡単に泉澤が出場できるわけではないと思います。そこはロティーナ、イバンの指導や、本人の意識も大切になってきてくるはず。
ただ、彼が大宮に所属していたときの渋谷洋樹監督(現・熊本監督)は丁寧にビルドアップを仕込むイメージがあるので、その辺はポジティブにとらえられるかもしれません。

現状は左サイドは優平が定着しており結果を残しているものの、今後は無理にでもドリブルで相手のディフェンスブロックを破壊していく必要が出てくるはず。そういうときに、泉澤は間違いなく力になってくれる選手でしょう。
高井、澤井、菅嶋あたりの去就がちょっと気になってしまいますが、少しだけとチャンスは与えられて結果を残せなかったのだからしょうがない。

夏に向けて楽しみになってきましたね。
背番号は39番になるでしょうね。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村