コンドルとカモメのVoyage

【Result】トンネル脱出~2018第18節vsアルビレックス新潟(A)~

time 2018/06/11

【Result】トンネル脱出~2018第18節vsアルビレックス新潟(A)~

ひゃっはー。やっと勝ちました。いやぁ長かった。まさか快勝した4月の西が丘から1ヶ月以上も勝てないなんて思ってもいませんでした。7戦ぶり?いやぁもう。

sponsored link

結果

=====================
2018明治安田生命J2リーグ第18節
アルビレックス新潟 vs 東京ヴェルディ
2018年6月10日(日)
@デンカビッグスワンスタジアム
14:03キックオフ
=====================

=====新潟=東京V=====
(前半)  1 - 0
(後半)  0 - 2
=================
合計   1 - 2

●得点者
(23′) 加藤 大(新潟) 1-0
(53′) 渡辺 皓太(東京V) 1-1
(63′) 林 陵平(東京V) 1-2

スタメン

(17′) ドウグラス ヴィエイラ → 林 陵平
(70′) 佐藤 優平 → 李 栄直
(85′) 渡辺 皓太 → 橋本 英郎

(68′) ターレス → 河田 篤秀
(70′) 磯村 亮太 → 小川 佳純
(76′) 高木 善朗 → 田中 達也

自ら変えて勝利をつかむ

善朗ね。うん、善朗ね。やっぱりうまいなぁというか、やられましたよね。失点シーンに関しては大きなミスがあったわけではないし、あるとすれば右サイドの戸嶋に縦に持ち込まれてしまったことか。前線にはターレスっていうFWがいるし放り込んでくると思ったら、バイタル中央でフリーになっていた善朗へ。

このゴールの何が良かったって、やっぱり加藤のランニング。以前に金沢戦のときにも言いましたが、善朗へパスが出て通りそうっとなったそのタイミングで、加藤はボランチの位置から猛ダッシュで最前線に駆け上がってるわけですね。当然うちのディフェンスは善朗のほうを見て、彼に寄せにいくから飛び出してくる加藤を捕まえるのは簡単じゃない。
善朗も少し足元に入ったトラップだったけどそれがいいタメになって完璧なタイミングでパス。見事に破られてしまいました。

ただ思ったほど失点に対してがっかり感みたいのはない感じでしたね、上から見ていて。なんかサポも、もう1失点くらい慣れたというか。前は失点しなさすぎて、失点したらやばいぞやばいぞみたいな空気になってましたが。

前半に関しては別に内容が良かったわけでもないのに。ましてドゥグも失って。

で、後半。
前節では、前半はうちがリードしてたところで相手がシステムを変えてきたことにあまりうまく対応できずにやられてしまったわけですが、今節は逆にうちがシステムを変えることでうまくハマりました。

特に皓太が相手のライン間でかなり自由にボールを受けられるようになった影響が大きく、寛也との絶妙なコンビネーションでチャンスを作っていきます。ゴールシーンはもう説明不要だとは思いますが、あれほどワンタッチでボールも人も動いていけば相手はそうそう対応できるもんじゃありません。本来左のインサイドウイングに入っている優平も寄ってきていたことで見事なラストパス。皓太の個の強さ、寛也や優平の技術力が一つになった、間違いなくここまでの今シーズンのヴェルディのベストゴールでしょう。

そして2点目。
これも結局、寛也があれだけフリーで余裕もってボールを受けられるのはシステムのミスマッチのところが大きいですからね。あとは陵平も相手両CBの間から裏に抜け出してゲット。もちろん寛也のパスが素晴らしいし、陵平の抜け出しのタイミングも絶妙。あれだけ取れなかったゴールがほんの一瞬のディフェンスの隙を突いたら取れるんだから、不思議なもんです。

まぁリードしたあとの戦い方はちょっと現地ではしんどかったですけどね(笑)

本当ならトドメの1点を狙いにいきたかったけど、そのリスクをかけずにどうしても守りきろうという戦い方になってしまうのは何とも言えないというか。もちろんこの試合は最後まで守り抜いたとはいえ、上福元に助けられたところもあったし、相手が最後は一人少なかったところもありましたら。一人少ないのにあれだけボールを持たれて耐え続けるのって、しんどいっすよ。

昨日の新潟の感じだったら、高井なり澤井なりグォーっと一刺しできる選手がベンチにいればそこで仕留めて終わりだったようにも思ったんですが。いま最も生き生きとしてるヨンジも、この日はちょっと活きなかったですね。まぁ守備面では助けになってましたが。

まとめ

ということで、録画をまだ見てないのでこーんなうすぺっらいです。
でもゴールシーンだけは何度も見ましたがねー。勝てばいいんです、勝てば。

さて、とりあえずトンネル脱出というか、久々に勝てました。7試合勝ち無しが、3試合負けなしに変わる不思議。ここで迎えるのが、あんまり調子のよろしくない京都、栃木、岡山30分をはさんで讃岐。単純にチームの状況や順位だけ考えれば4連勝となってもおかしくない相手ですが、そんな油断はダメ、ゼッタイ。

しっかりと引き締めて、今季初の連勝といきましょう!

sponsored link

コメント

  • 調子の良い時は余計なことをしないこと、フォーメーションやスターティングメンバーをコロコロと変えずに固定することです。
    このブログのランキングも4位でしたが、1位に戻りました。
    これを起点としてどんどん突き進んでいきましょう。自分も頑張ります。

    by 螺旋丸 €2018年6月12日 1:13 PM

  • […] 【Result】トンネル脱出~2018第18節vsアルビレックス新潟(A)~ […]

    by 【Preview】層の厚さを見せる~2018第25節vsアルビレックス新潟(H) | コンドルとカモメのVoyage €2018年7月24日 7:06 PM

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村