コンドルとカモメのVoyage

【Result】新たな可能性は見せた~2018第8節vsFC岐阜(A)~

time 2018/04/08

【Result】新たな可能性は見せた~2018第8節vsFC岐阜(A)~

うーん、また引き分け。勝ちたい、ゴールが見たい。それだけ。まぁ自分らは前節に徳島で勝って喜びを味わっているけど、ホームで待っている方々はもう1ヵ月近くそれを味わってないわけですからね。

sponsored link

結果

=====================
2018明治安田生命J2リーグ第8節
東京ヴェルディ vs FC岐阜
2018年4月7日(土)
味の素スタジアム
15:03キックオフ
=====================

=====東京V=岐阜======
(前半)  0 - 0
(後半)  0 - 0
=================
合計   0 - 0

●得点者
なし

スタメン


(50′) 林 昇吾 → 梶川 諒太
(62′) ドウグラス ヴィエイラ → 林 陵平
(81′) 井上 潮音 → 高井 和馬


(61′) ライアン デ フリース → 難波 宏明
(75′) 宮本 航汰 → 中島 賢星
(79′) 永島 悠史 → 風間 宏矢

想定内。でも想定内すぎた

岐阜さんもビルドアップを丁寧にやってくるチームで、うちと同じような特徴を持っている。一度ボールを持てば簡単に奪われないので、ある程度守備に回る時間が長くなるのはしょうがないと思ってました。加えて、田中パウロが本当にやっかいなんですね。単純にスキルを持っていてドリブルが嫌なのもそうだけど、DAZNで彼の前半のプレーエリアを見るとまぁ左サイドにもよくいるフリーダムっぷり。

カルロスを左ウイングに置く3トップでスタートしたとはいえ、実質のところは右の昇吾のクロスに2人を飛び込ませたいと思っていたと思いますが、相手の左サイドバックの福村がかなり高い位置を取り、ドリブラーの古橋、さらにパウロも左で絡んできたりするので昇吾は引かざるをえない状況に。前節後の田村のコメントで「昇吾をなるべく高い位置に」というのがあって、それが得点にもつながったわけですが今節はそれができず。ピッチレポーターのコメントで、「昇吾はもっと中に」というベンチからの指示があったようですが、左のカルロスにボールが入ったときにもう少し中に位置取り、田村のオーバーラップを促せってことなのかなと思っていましたが。

だからこそ、田村のグラウンダークロスから潮音が詰めた場面は絶対に決めたかった。皓太が前節ゴールを奪い、潮音も・・・って思ってたんですが。本人も一番良く分かってると思いますが、あそこで決めきる決定力がインサイドハーフにあると、ヴェルディのサッカーはまた一段とステップアップしますよ。

たださすがロティーナと思ったのは、後半から梶川を左ウイングに置いたこと。いや正確に言えばあれは左ウイングではなく、左ウイングの位置からスタートするインサイドハーフだ。要は偽ウイング。これにより、単純にボールを持てる時間が増えたこと、奈良輪が高い位置を取ることができたことはもちろん、岐阜のストロングである左サイドから遠いところで長い時間を過ごすことでその強みを消すことができたこと。あっぱれ。

ただ残念なのが、この試合はドウグラスがあまりに良くなかった。余計なプレーで警告をもらい、中央で完全孤立気味でほとんどボールに触れることなく、プレスをかけに走るだけ。それも剥がされてしまうからどんどんと気持ちも落ちていく。せめて警告がなければ、もうちょいどっかでガツンとプレーできていたのかもしれないですが…。

カルロスはやっぱりウイングに置く選手じゃないと思ったし、アランがいてのドウグラス、そんなものが見えてしまった気がしました。まぁそのぶん陵平にチャンスは回ってきたし、良いプレーをしていたと思います。ただFWなんでね、やっぱりゴールを奪わなきゃ。

新しい可能性を見せた高井

さぁみなさんお待ちかねの高井の登場。体調不良でちょっと出遅れたものの、やっと出番が回ってきました。

「全部仕掛けろと言われた」(Jリーグ公式サイト)とのことで、まぁ見事にその通りやって、可能性は見えたけど全部失敗。あの姿を見ると、ロティーナが使いづらいっていうのもわかる気がすると同時に、いまのヴェルディであれをやる技術・メンタルを持ってるのは高井くらいなので、いざってときのために常にベンチに置きたいってのもわかりますね。

完全にタイプとしては杉本竜士や初期の中島翔哉とダブって見えました。大切なのは使い分け。しばらくは、試合で出たときはあの姿勢で良いと思います。で、仕掛けと見せかけてラストパス、そう思わせてやっぱり仕掛ける…そういう駆け引きができるようになってくると、新たなオプションとしての価値がグイっと増すと思います。これだけ極端なやり方でヴェルディデビューできたことをポジティブに捉えましょう。夏場あたり、苦しくなってくるときに活きてくるとさらに良いんですけどね。

まとめ

3勝5分ね。うーん、まぁいいんじゃない。ある意味、こんだけ内容良くなくても勝ち点拾えているのは前向きに捉えたい。もちろん勝ちたいし、勝たなきゃ上には行けないですが、最終的に上にいればいいんですから。だって順位見てもさ、今日の岡山と町田の結果次第だけど、今日現在の首位の大分・山口とは1ゲームで逆転できるんだし。

ってことで次は熊本。がんばりましょう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村