コンドルとカモメのVoyage

【Result】失った勝ち点2~2018第5節vsアビスパ福岡(H)~

time 2018/03/22

【Result】失った勝ち点2~2018第5節vsアビスパ福岡(H)~

いやー寒かった。だからこそ、勝って心から温まりたかった。失った勝ち点2。今年は福岡に勝てる、そう思ったんですけどね・・・

sponsored link

結果

=====================
2018明治安田生命J2リーグ第5節
東京ヴェルディ vs アビスパ福岡
2018年3月21日(水・祝)
味の素スタジアム
16:03キックオフ
=====================

=====東京V=福岡======
(前半)  0 - 0
(後半)  1 - 1
=================
合計   1 - 1

●得点者
(69′) カルロス マルティネス(東京V)1-0
(88′) エウレー(福岡)1-1

スタメン

(58′) 菅嶋 弘希 → 林 昇吾
(61′) 林 陵平 → カルロス マルティネス
(89′) ドウグラス ヴィエイラ → アラン ピニェイロ

(66′) 石津 大介 → 松田 力
(72′) 篠原 弘次郎 → トゥーリオ デ メロ
(87′) 森本 貴幸 → エウレー

攻守ともに安定感は変わらず

捉え方は人によるかもしれませんが、「前半にあれだけ決定機を作られたんだし、勝ち点1を拾った」っていうのは違うかなぁという感jじです。「結局失点してない」ってところで、後半にリードし、終了間際に自分たちのミスから失点してしまったんだから「失った勝ち点2」という感覚です。

失点に関して、上福元を責める責めないは別にどうでもいいですけど、彼のミスであることは間違いなし。相手のクロスがいいところにきた、田村とお見合い気味だった、スリッピーなピッチだった・・・というところもあるんですけど、結局は上福元の脇を抜けてボールは転がっていったわけで。1-0のリードという状況においてはあまりに痛恨だし、強いチームのGKはああいうミスはあの場面でしません。もちろん本人が一番悔しいだろうし、これがあったからって彼への信頼は変わりませんし、次の試合でまた大きな声援を送るのがサポーターの役目ですが、本当に痛恨だったなという思いです。

まぁそれはさておき。

試合のスタートでいえば、陵平と潮音はともかく、菅嶋のウイングバックでのスタメンは意外でしたね。裏へ抜け出す動きが得意な菅嶋とはいえ、縦への推進力という点ではちょっと違うのかなと思ったり。最も、開幕戦のエルゴラスタメン予想でもメンバー入りの可能性は示唆されていたし、ウイングもウイングバックも特に攻撃面においては基本的なやり方は同じのはずなので、あまり不思議という感じもしませんが。

思ったよりは機能していた、といったところでしょうか。ただやはり本職がFWの菅嶋ですし、結局はディフェンスラインの裏へ抜け出るボールはほぼなく、またクロスに飛び込むみたいなところもなかったのは残念。もうプロ5年目ですからね、早くゴールが欲しいところ。2トップならそこで出たかったでしょう。

またその菅嶋に代わって入った林昇吾をそのまま右サイドで使ったのもなかなか驚きで。てっきり、ベンチで彼が出場の準備をしているときは奈良輪を右に動かすと思ったんですがね。しかも、同じく交代で入ったカルロスとともにゴールに絡む活躍。当たり損ないに相手のクリアミスも重なっての幸運があったもののゴールはゴール。ロティーナ采配ずばりで、言うことありません。さらに欲をいえば、左足でクロスを上げたかった。高身長の2トップが並んだ上、相手の3バックの両脇はそこまで高さはなく空中戦は勝てていただけに。もっと言えばミドルを1本くらい打ち込みたかった。だって試合前練習中の彼のシュート練習よく見てみてください、本当に良いシュート打ってるんですよ。

そして何よりカルロス。
前節の出来ならスタメンでも良かったくらいですが、途中出場するや高いテクニックと体の強さでまさに独壇場。左サイドで抜け出して狙ったシュート、相手GKのポジションを見て狙ったロングシュートと誰よりもゴールへの意識が高かったように見えました。ただ、決めたかった。結局この2点目を取れなかったことで勝ち点を失ってしまったわけでもあるので。

にしても、福岡は城後がこの試合ではやっかいだった本当に。城後と惇のダブルボランチなんてバランス悪すぎやろ、そこ突けるだろ!って思惑を見事に外しくたし、最前線に上がってきたらFWだからね。前半の決定機はほんと危なかった。

まとめ

やっぱりインサイドハーフなら潮音だよな…と実感。今シーズン初スタメンで90分戦ったこともあり最後は足を攣ってしまったけど、彼がボールを持てば何かが起こりそうな雰囲気は充分ありました。
もちろん皓太も攻守にハイパフォーマンスだし、内田も盤石。ただそれでも勝てなかったのは相手が強かったからであり、うちの力がまだまだだということ。動画を見返しても審判の判定が微妙なところもあったし、どうにかしてくれよと思うところもありますが、それを勝てなかった理由にはしたくないですね。

昇吾のところで相手のハンドか?の場面も、あれは手に当たっていたけどハンドは取れないでしょう。ボールが手に向かって飛んできた、だと思います。

とにかくまぁ終わったものは終わったので切り替えて次。山形はこの福岡ほどの強さはないと思いますけど、そんな余裕を言える強さはヴェルディにはありません。

今節休んだ寛也と梶川を含め、どんな戦いをみせるのか楽しみです。

sponsored link

コメント

down

コメントする




関連記事

マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村