コンドルとカモメのVoyage

My VERDY Life~私がヴェルディサポーターになった理由~④忘れぬことのない2008年12月6日

time 2019/01/05

My VERDY Life~私がヴェルディサポーターになった理由~④忘れぬことのない2008年12月6日

sponsored link

2008年12月6日のことは絶対に忘れない

2008年のJ1最終節、味スタでのフロンターレ戦。
ヴェルディは引き分け以上で残留、負ければ他会場の結果次第で2度目のJ2降格という状況。

結果から言うと、当時優勝を争っていたフロンターレに0-2という結果は、まぁそうなるわなと。もちろん不可解な判定で前半に福西が退場(これが彼の現役ラストプレーに…)した影響もあるものの、このPKを相手が外したりと運はかなりヴェルディに向いていたんですから、それでもものにできないほどの明確な実力差。

他会場ではジェフが奇跡の逆転勝ち。これでJ2降格が決定。まぁこんな奇跡が起きようがジェフは翌年に降格してるわけで、もし奇跡的にヴェルディが残留したとしても同じような結果になったことでしょう。今だから言えるしまだJ2にいなが言うのも変ですけど、むしろ1年早く立て直すチャンスを得たんだからあの時落ちるのが正解だったんでしょう。1年長く残ったところで、すでにこのクラブはガンに侵されていたわけですから。

試合後にあげられた、横断幕。

直前にmixiに投稿された“怪文書”とリンクした、フロントを批判する内容。選手挨拶のあと、未発表だった退団選手へのコール。あぁ、団体さんはすべて知ってたんだね、と。
当時の自分はまだ団体さんのこととかよく知らなかったけど、とにかくそのときのヴェルディはすげーヤバい状況にあったんだと把握。目の前の試合に集中とか言ってられるレベルじゃなかったと。まともなクラブとしてのていを為していなかったんだなと。

その後、いわゆる居残り。

ただ、正直何のために残っているのかよくわかっていませんでした。フロントの偉い人たちが出てきていずれ話し合いとかするんかなと思っていましたけど、全く出て来る気配はない。

この日のことは書けば書くほど長くなるので書きません。(当時の記事が残っていました

試合が終了したのは16時。12月のあの日は真冬の寒さ。
自分が今まで生きてきて、あれほどの極寒を経験したことはありません。カナダで経験したマイナス20度の世界よりもはるかに寒い。先の見えない暗さも影響したことでしょう。
自分は終電が近づいた22時前くらいについに帰宅しましたが、その1時間半後にやっと偉い人たちが出てきたとか。ほんと腐ってた。

あの日の光景を絶対に忘れることはありません。

数時間前までの熱気が消え、抗議で興奮気味だったサポーターの熱も冷め、グラウンドの撤収作業が終わり、メディアの数もどんどん減って。本当にサポーターの数百人だけがスタンドに残っている味スタのあの景色。ただただ先の見えない暗さと、究極の寒さ……。
改めて言いますが、自分自身いろいろ知らないことが多すぎました。

結局あのあとも、情報源はアメブロくらい。mixiのコミュニティも情報をよく知る人はいなかった。(もっとも管理人のたーさんはじめ、知ってる人はいたんだろうけどそこに書く人はいなかった)。もっとヴェルディのことが知りたい。いったい何が起きているのか、何が起ころうとしているのか知りたい。でもその術はない。

心配で心配で、とにかく不安なオフシーズン。いろいろ情報を集めたいけど、大学4年の自分はゼミ論に追われまくりでそっちになかなか手も回らない。あっという間に2月になり、そして気が付けば開幕が迫っていました。

2009年の開幕は、アウェイ徳島ヴォルティス戦。
初めての遠方アウェイに行くことを決めました。
見知らぬ土地とか、遠いとか関係ない。
もうネット上じゃ何が起きているのかわからない、現地に行って自分の目で確かめるしかない。そんな思いで、行くことを決めました。

2008年12月6日、実はあの日こそ、自分が本当の意味でヴェルディサポーターになった日なのかもしません。

続く。

sponsored link

down

コメントする




スタジアム

マリーンズ

ヴェルディ



sponsored link

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村