コンドルとカモメのVoyage

【2018ライバル雑感】ファジアーノ岡山

time 2018/01/20

【2018ライバル雑感】ファジアーノ岡山

sponsored link

奪われたら奪い返す!

個人的には、J2全クラブのなかでもっとも”クラブとして”順調な成長曲線を描いているのがファジアーノだと思っていて、好きなクラブなんですね。特に、ピッチ外の部分でしっかりと目標を掲げて、少しずつ地元に根差すことを丁寧にやってきている点が。もちろん、それとピッチ上でのことはまた別のものなんですけど、「最後の一押しは勝つこと」みたいなところまで来ている感じはしています。

まず退団からみると、片山瑛一がセレッソ、篠原弘次郎がアビスパ、また出場機会の減っていた竹田忠嗣が岐阜と、センターバックの退団が多い。さらに中盤では清水からレンタルしていた石毛秀樹が期間満了、ボランチの渡邊一仁が横浜、そして豊川雄太もレンタル満了(からの海外移籍)。各ポジションでそれなりに主力を務めた選手の退団も多く、昨年からの積み上げという点では不安を残しています。

一方で加入選手を見ると、センターバックには後藤圭太が久々に松本から復帰、アビスパから濱田水輝、新潟から増田繁人(昨年後半は町田でプレー)が加入。加地亮の引退したサイドバックには椋原健太(←セレッソ)。
中盤も、ボランチにアビスパから末吉隼也、4年ぶりに復帰の上田康太、J2ではトップレベルのアタッカー仲間隼斗(←カマタマーレ)、そして前線には齊藤和樹(ジュビロ)、イ・ヨンジェ(京都)と即戦力となりえる選手が各ポジションに加入し、抜けた穴を感じさせないかなり厚みのある選手層になったと言えるでしょう。若手のレンタル加入はなく、ルーキーを除けばほとんどが25~30前後の選手という点も、育てるよりも”勝ちにいく”という気持ちが見えるようなオフの動きです。

昨シーズンはラスト10試合で1勝しかできずに大失速したものの、本来であればPO進出の可能性が十分にあるチーム。これだけの新加入選手たちを既存選手たちと融合させ、活かすことができれば、POはもちろん自動昇格だってありえるチームだと思います。

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村