コンドルとカモメのVoyage

【2018ライバル雑感】愛媛FC

time 2018/01/18

【2018ライバル雑感】愛媛FC

sponsored link

ぽっかりと空いた中盤を神谷が埋められるか

ほとんどの試合でコンビを組んだダブルボランチの小島秀仁が千葉へ、藤田息吹が松本に移籍となったのは大きな痛手。藤田に関しては、センターバックの浦田延尚とともに移籍となり、2年連続となる同カテゴリークラブへの”セット売り”。さらに、2年連続で40試合超えを達成した快速ドリブラーの白井康介も札幌へステップアップ。中央部分にぽっかりと穴が開いたオフシーズンとなってしまいました。

代役として注目されるのは、U-21日本代表の神谷優太。湘南に残っていてもそれなりに試合には出られるはずだし、より強い相手と戦うことができたはずですが、彼が臨んだのは新天地での試合出場。過去には齋藤学や柿谷曜一朗など、四国の地へのレンタルを経て大成した選手も多いので、あえて違う経験をしながら試合に出場してより大きく羽ばたこうという彼の決断に期待するファンも多いんじゃないでしょうか。今季は背番号10を背負うことも決まっています。もし彼がうまく機能した場合でも、田中裕人がレンタルから完全移籍に切りかえ、野沢英之をFC東京からレンタルで獲得(去年は岐阜でプレー)しているのは抜かりない。

神谷を除いた補強は、GKの岡本昌弘(←千葉)、安藤淳(←松本)、上原慎也(←札幌)と30オーバーの、守備寄りかつベテラン選手が多め。そのなかでも愛媛サポーターとしては、ユース出身で5シーズンぶりに復帰となるの前野貴德(←新潟)の左足にも大きな期待を寄せているでしょう。

ヴェルディにとっては愛媛は鬼門の地としてながらくそびえ立っていたため非常に嫌らしいイメージがあるものの、J2ではほぼ全てのシーズンが2桁順位。2015年に5位を記録し初のPO出場を果たしたものの、残念ながらその勢いをここ2年では継続できず。間瀬体制2年目、今年こそ結果を残したいところでしょう。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村