コンドルとカモメのVoyage

【2017振り返り】No.13 FW カルロス・マルティネス

time 2017/12/06

【2017振り返り】No.13 FW カルロス・マルティネス

sponsored link

スタッツ

出場:19試合(先発9試合) 862分
得点:1
アシスト:0

期待外れ以外の何物でもない

もう、「期待外れ」って言葉しか出てこないですよね。それくらい期待していたのに。

夏加入はコンディション調整が難しいとか、終盤にはフィットしてきたとか、ボール持ったらさすがにうまいとか、少し剃ったと思ったら次節には驚異的なスピードで真っ黒に髭が伸びてるとか、そんなんぜーんぶどうでもいいんですよ。

みんなが彼に求めていたのは、ゴール、少なくともアシストという結果。数字。
加入当時は、アランはともかく、ドゥグなんか2ゴールで、しかもチャンスはありながら大事なところで決めきれず、外国人FWの差で勝てなかったような試合もあったりしました。だから、カルロスが加入すれば確実にゴールが増えていく・・・と思ってたんですけどね。監督の祖国・スペインからの加入ってことで、盛大に期待しすぎた私たちがいけなかったのでしょうか。

結果は、1ゴール0アシスト。
言い方悪いですけど、その1ゴールもアウェイ愛媛戦、トドメの3点目。これ決めなきゃありえない、ってくらいのドフリーでのヘッド。試合の勝敗を決するような働きは、最後までありませんでした。

なのに加入後は全試合出場。これは契・・・?(ごにょごにょ)

もちろん、いろいろ難しさや言い訳ちっくなのはあるのはわかりますよ。また、カルロスじゃなく大輔なり他の選手を起用してればもっと良かったなんて保障はありません。練習では、彼を使わざるを得ないってほど良い動きをしてるのかもしれません。

それでも、やっぱり結果なんですよ。

守備をしない、というか守備のやり方の理解力が低いとか、そのへんもゴールという結果を残していたならまぁ甘くみてもいいやっていう気はしますよ。でも、攻撃面で結果を残さない、守備はしない・できない、そんなんでサポーターも、あるいは周りの選手たちもどうやって彼のことを認めればいいのか・・・

素晴らしい采配で5位に導いてくれたロティーナ、イバン体制において、唯一といっていいほどの疑問というか不満点でしたね。彼が加入したらドゥグがゴールを獲りだした、それだけですよ良かったのは。本当。

来シーズンに向けて

残すの?どうなの?

オフを挟めばコンディションが良くなる、キャンプを積めば連携も良くなる。
それに期待するのか、もっとガッツリと結果を残してくれるFWを獲得するのか。

終盤は、少し調子を落としたアランよりはいい動きをしていたのも事実。というか、あれだけボール持ったときにアイデアとかテクニックがあるんですから、本来はインサイドハーフとか中盤がマッチする選手じゃないかと思ったりもするんですけどね。守備ができないと今のうちじゃそれは厳しいですけど。

彼をチームに残すなら残すで結構。でも、うまくいかなければシーズン序盤にでも切る覚悟を持って残さないと納得できないですよ。来季の目標は自動昇格、内容が良いとかそんな甘い気持ちではいられないので。

 

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村