コンドルとカモメのVoyage

【2017振り返り】No.6 DF 安在和樹

time 2017/12/02

【2017振り返り】No.6 DF 安在和樹

sponsored link

スタッツ

出場:37試合(先発35試合) 3343分
得点:3
アシスト:6

こんなもんじゃねえだろ

正直、彼のポテンシャルを考えると今年の出来は、「もっとできるだろ」って思います。それほど、みんなアンカズに期待してるんですから。

シーズン前のケガでほんのちょっと出遅れたけど、当然のように左サイドのレギュラーに君臨。これまで通り、左足のテクニックを生かしたり、良いクロスボールを上げたり好調で、相手のゴールを脅かす強烈なシュートも数多く放っていました。ポストやバー直撃のシュートも多く、今シーズンは何点獲るんだ?と期待していた序盤。さらに、途中からは右サイドでの起用も増えてプレーの幅も広がるなど、新しいヴェルディのキープレイヤーとして注目していました。

ところが、夏前くらいからはいまいちプレーに華がなくなっていく印象に。攻撃も守備も別に悪いプレーをしているわけではない。でも、シーズン序盤に見せたゴールに直結するようなクロスボールやシュートはほとんどなくなり、試合のなかで彼の名前を呼ぶ回数もなんか少なくなっていきました。そして、7月の水戸戦ではついにベンチ外に。

3試合出場なかった後は結局最後までスタメンを続けましたが、終盤はヒザ?の負傷もあって思うほど満足できるプレーができないまま終わってしまった感じ。「Wアンザイ」としてともに成長してきたけど、今シーズンの出来では、やや幸輝と差がついちゃったかな。

終盤は3バックと4バックの使い分けが可能なチームのキーマンとして右サイドバックも務めましたが、やはりあれがベストな選択肢とはとうてい思えません。彼だからある程度できちゃうんですが、やっぱり左サイドで左足を生かしてプレーするのが安在和樹のプレーなんじゃないかと思います。その点でいえば、ちょっとかわいそうな気もしますが。

数字上は、ゴールもアシストも含めてプロ入り5シーズンでベスト。でも内容の満足度でいえば全然。こんなんで「良くやった」なんていうのは、それこそ彼の本来持っている力を考えると失礼な気もしますから。町田戦での”アンカズドン”はチーム全体としてもベストゴールの1つだけど、本来ならあれをシーズン中に3,4本は打って決めてくれる選手だと期待しています。

来シーズンに向けて

右サイドでのプレーって、どう思ってんだろう。それだけが気がかりというか。
本当は左サイドに専念したいんじゃないかなぁって思うんですよ。もちろん右でのプレーにより出来ることは広がったと思うんですけど、それはあくまでオプションの一つにしてほしいと個人的には思うんです。

そういう意味では、純粋に左サイドバックとして獲得を希望するチームからオファーがあったら揺らぐんじゃないかなぁって思っちゃいます。でも、出て行かれたらマジで困るんですよ。林はまだまだだし、彼ほどのレフティは今のチームにいないし、リーグを見渡してもいないんですから。

ヴェルディで、一緒にJ1上がりましょう。

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

ヴェルディ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村