コンドルとカモメのVoyage

【Result】妥当な選手層の差~2017天皇杯2回戦vsジェフユナイテッド千葉~

time 2017/06/22

【Result】妥当な選手層の差~2017天皇杯2回戦vsジェフユナイテッド千葉~

sponsored link

結果

=====================
2017天皇杯2回戦
ジェフユナイテッド千葉 vs 東京ヴェルディ
2017年6月21日(水)
フクダ電子アリーナ
19:00キックオフ
=====================

————千葉—東京V———
(前半)  1 - 0
(後半)  0 - 0
—————————————
合計   1 - 0

●得点者
26分 清武 功暉(千葉) 1-0

スタメン


72分 11 中野 雅臣 ⇒ 9 ドウグラス
72分 30 高木 純平 ⇒ 32 二川 孝広
78分 24 林 昇吾 ⇒ 17 内田 達也


80分 10 町田 也真人 ⇒ 22 羽生 直剛
83分 8 清武 功暉 ⇒ 50 指宿 洋史
86分 9 ラリベイ ⇒ 34 古川 大悟

妥当な結果。でも勝機はあった

そりゃそうなりますわなぁ、という結果だと思います。こちらは完全にサブ組。内藤、田村、そしてプロデビューとなる林は今季初出場。純平は初スタメン。ケガから復帰してあまり時間もたっていない中後。リーグ戦で”柱”として戦ってきた選手を全て外し、から9人を変更。

一方でジェフは、リーグ戦からは確かに8人変更してはいるものの、全員が少なくとも数試合はリーグ戦でスタメンで出場している選手たち。エスナイデル監督がかなり頻繁にメンバーを入れ替えながらここまで出場機会を与えてきたこともあり、元々の強力な選手層の厚さもあり、リーグ戦とは全くそん色ないメンバーで臨んできました。
途中出場のU-18の古川くんだけですね。

当然、映像がなくあまりちゃんと振り返れないので、簡単にポイントだけ。

やっぱり、中後さんでしょ。あれはまずい。

前半の早い段階でもゴール前で一度ファールしてたでしょ。ただでさえこの強い風で荒れている状況で、きれいに崩されるよりゴール前に放り込まれてゴチャって押し込まれるのが一番いやなのに。
で、結局決勝点になる場面でもやはり中後さんのファール。必死にいってギリギリファールしたものではなく、完全に置いてかれて足をかけてしまった形。

ロティーナ監督下ではあれだけ不用意なファールはするなと口を酸っぱくして言われているのにこのプレーは残念極まりないです。この試合に限らずとも今年の中後はホントにファールが多く、前半早い段階でイエローをもらってHTで交代させられた試合もあったじゃないですか。いったい、あれから何を学んでいるのか・・・

ただ、やっぱりコンディション的な問題もあるのかな。さすがに長期復帰明けでいきなり高強度のプレーはやはり難しいし、試合終盤はもうヨレヨレでした。林とか純平も90分持たないと思っていたけど、結局彼をアンカーという非常に重要なポジションに置きながら最後まで使わざるをえなかったことが、試合を難しくしてしまったような。

もちろん、この強風のなかでも的確なロングパス、低くて速いミドルパスとさすがの上手さを見せるプレーはあったのですが。あまりにも、守備のところで良くなかった。

主力とサブの差

中野は厳しいっすね。いや、まぁまぁやれてるとは思うんですけど、ホームでのジェフ戦同様にドウグラスが入ったらあれだけ変わるんですから。うーん。やっぱりCFタイプじゃないよな。右ウイングだと思うんだけどなぁ。
とはいえ、試合で使わなきゃ成長はしないわけで。もう少し、我慢の必要はありそう。

林はよくやってたと思います。もちろんアンカズと比べると雲泥の差ですけど、まぁ悪くないのかな、と。クロスの質も良かったですし。前半に、勝負を仕掛けられるシーンで後ろに戻したシーンが数回あったのはちょっと残念。せっかくのチャンスなんだから、そこはチャンレンジしてほしかったな。あとやっぱり、あの足を攣ってしまったシーンではシュートまで持ち込みたかった。

田村は全く問題なし。いつ出場機会が回ってきても安心できる、いい準備をしているのをプレーで証明してくれました。ピッチ環境、いつもと違いダブルボランチじゃなくサポートが少ない、前線はポストプレーがまだまだの中野、そういう難しい状況でもビルドアップの面で良さを出していたかなと。

内藤はまずまず。
スーパーセーブは何度もあったものの、前半はちょっとボールを足で扱う部分で不安定だったかな。普段、シバさんのどっしりっぷりを見てきているだけに、余計に。でも良くやってくれました。
ただ、あのFKの失点時の対応はちょっとな。コースが良かったからどう頑張っても入っていたとは思いますが、ちょっと動きすぎだし、壁があまり高くないのにニアを開けすぎていた印象です。

林が足を攣ってからはスクランブルで、普段のリーグ戦では絶対に見られない布陣でしたな。とはいえ、ドゥグと二川を投入したタイミングで左右逆足配置にして変化を生もうとした矢先に林が交代してしまったのは残念でした。

まとめ

大輔、頼むよ。あれ。ほんとそれだけですわ。。

負けはしたものの、途中出場で輝きを見せたフタさんを含め、意味のあるゲームにはなったんじゃないかと。これを次の町田戦、さらには後半戦へとつなげていきましょう!

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村