コンドルとカモメのVoyage

【2016振り返り】No.20 MF 井上潮音

time 2016/12/03

【2016振り返り】No.20 MF 井上潮音

sponsored link

輝きを放った未来のチームの心臓

高卒ルーキーイヤーとしては上出来だったとは思います。
そもそもシーズン前、こんなにできる子だとは正直思ってませんでした。ここ数年、ルーキーイヤーやその前から出場してそれなりに結果を残してきたユースっ子たちはたくさんいましたが、三竿はすでに体がある程度できてたし、スピードやアジリティでフィジカル面の弱さをカバーできる前線やサイドのプレーヤーが多かった。

そんななか、フィジカル面ではその世代のなかでも決して強いほうではない潮音がピッチの中央で輝くことができたのは、その類まれなテクニック、広い視野、空間を把握して的確な位置でボールを受けるスペシャルなセンスを存分に発揮した結果。
特に積極的に前を向く姿勢が素晴らしく、相手のプレッシャーの矢印の方向を的確に把握してスっと入れ替わるようにボールを運ぶ動きは素晴らしい。そのまま攻撃に参加してシュートを打つ場面も多かった。1ゴール欲しかったですね。

そして思いのほか守備面の貢献度も高く、1回目の負傷離脱となった23節以降、バイタルエリアのスペースがスッカスカになるシーンがしょっちゅう見られた。決して守備は得意ではないものの、その運動量と、攻撃面での状況把握のセンスを生かした守備、危険なエリアを察知するセンスで守備に貢献していたように見えます。

試合を重ねるなかでグングンと成長し、チームになくてはならない存在となっていた潮音。ここまで戦力になるのは良い意味での想定外だったんじゃないかなと。5月にはそのチャンスをつかんでながら、負傷によりたったの12試合に終わったのが本当に残念。来季はシーズンを通した活躍をお願いします。

そういえば、天皇杯のマリノス戦での中村俊輔を負傷させてしまった件に付随した彼のコメントがなんともマリノスサポのなかで話題になったようで。あれはね、海江田さんの書き方が悪いでしょ(笑)。
あんなにさわやかなイケメンな彼だけど、サッカーの面では、0-4の展開でも最後まであきらめない秘めた熱さを持ってるんだぜ!ってのを伝えたかっただけで、それはヴェルディサポには十分わかってるんですが。
どうにもマリノスサポには、「至宝を壊しといて何言ってんじゃこのクソガキ!この無礼者!」って捉えられたようで。今度対戦するときあったら、赤いチームにとってのバウルみたいに扱われたり。まぁそうなったら、名前を憶えててくれることをポジティブに捉えましょう。

本当にプレーの面で、いつか見返してくれるはず。

来シーズンに向けて

結果的に出場が少なかったのが他チームへのアピールの機会がなかったと前向きに。来季はもうチームの心臓ですよ。

「中後のパートナーは誰だ?」じゃなくて、
「潮音のパートナーは誰だ?」ってなるはず。

彼の力を引き出せる、バランサータイプのボランチの獲得をお願いします。。

※画像はヴェルディ公式Facebookより
20%e4%ba%95%e4%b8%8a02

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村