コンドルとカモメのVoyage

【2016振り返り】No.6 DF 安在和樹

time 2016/11/25

【2016振り返り】No.6 DF 安在和樹

sponsored link

不幸中の幸いで可能性を広げたチームのMVP

正直、アンカズがボランチを務めたってのはチームとしては全くもってポジティブなことじゃないと思うんですよね。「一か八か」よりは確実性はあったかもしれないけど、基本的には誰もできる人がいないけど、そのなかでもアンカズがいちばんマシってだけであって。シーズン終盤にそんな状況ってが悲惨すぎる。

それでもしっかりとこなしちゃうんだから、彼のサッカーIQの高さには驚かされるばかり。ほとんど左足しか使わないのに、ピッチ中央にいても輝ける。どうやったら左足だけでボールを持てるのか、自分の蹴りやすい位置にボールを置けるのか、頭と体を巧みに使ってプレーできる能力は素晴らしいなと思います。

ただ、ボランチだと彼の走力が生かせない。
やっぱり、サイドバックの選手ですよ彼は。

ただ、シーズン序盤の不調っぷりはひどいもんで。並みの選手の水準ならまぁよくやってんなぁって思ってもいい感じではあるんですが、なんせレギュラーに定着して3年目、チームの攻守の中心を担う選手ですから。
運動量も足りない、クロスも上げない、シュートも打てない、守備も軽いときがある。前年のパフォーマンスを知ってる人からしたら、満足なんてできっこない。本職のポジションでも満足するパフォーマンスを発揮できていない大木や中野を左サイドバックで使わざるをえないなんて、とんだ大事故だっつうの。

まぁGWの惨劇を終えたあたりからやっと調子を取り戻し、結局はシーズン通してスタメン出場した試合はすべてフル出場。井林に次ぐチーム2位の出場時間となったまでは良かったですが、昨年見せた強烈なミドルシュートが火を噴くことはなくゴールはゼロ。

攻撃面ではあまり成果を残せなかったものの、まさかの3バックの左ストッパーを務めて札幌戦では都倉を相手に空中戦を強いられ、抑え込んじゃったりと守備では安定度が高まってきた印象。2014年ころは、両サイドバックのところで空中戦を仕掛けられて起点を作られたりしてたけど、それが良い成長につながったのか、幸輝もそうだけど随分とたくましい守備を見せる選手にもなりましたと。

一時の不調が本当にもったいなかったけど、3度にわたり合計4試合の出場停止となった善朗よりも、年間を通してのチームへの貢献度という意味では高かったんじゃないかと。18位であれですが、無茶ぶりも難なくこなした彼こそ個人的にはチームのMVPだと思います。

来シーズンに向けて

まぁ・・・残ってくれるよね!
それだけですよ(笑)ホント、彼はヘラヘラしてるからよくわからん。そんな顔してるけど、実はチームでも随一の熱い男ですから。こんな成績で移籍なんてできるわけない!・・・って思ってくれてると嬉しいんですが。

なんせ、彼に出て行かれると変わりがいないからね。え、林・・・?いやぁ。

※画像はヴェルディ公式Facebookより06%e5%ae%89%e5%9c%a802

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村