コンドルとカモメのVoyage

二川孝広加入による期待と雑感

time 2016/07/01

二川孝広加入による期待と雑感

俺の世代だって、あのガンバの10番がきたのか!!ってワクワクするのに、若い人たちにとってはマジでどえらい人きたって感じなんじゃないですかね。

sponsored link

層の厚い攻撃的な中盤の補強の意味

リーグ下位に沈んでる一番の原因となる得点力不足、そしてミスが失点に直結しまくるほど不安定な守備。この2つを解決するためには、点の取れるフォワード、井林の相方となるセンターバック、あるいは中盤の守備を締めるボランチ。この3つのどれかかなぁというのが大方の見方だったように思います。

ところがきたのは、まさに良くも悪くもヴェルディっぽい選手が集まる攻撃的な中盤、サイドハーフの二川。この知らせを聞いたときには、「補強ポイントってそこだっけ?」って自分も正直思いました。ところが、海江田さんマガジンでの竹本GM、冨樫さんのコメントを聞いて納得しましたね。あまり有料記事の内容を書くとあれだけどこの冒頭の部分は無料の範囲なので引用すると、

<竹本GM>
「…上向きつつあるとはいえ、得点力不足は明らかです。二川は前線の選手に点を取らせる仕事ができる。ドウグラス(・ヴィエイラ)や(高木)善朗にチャンスメイクの仕事を多く任せている現状があり、ここを強化し、幅を広げなければ点を取れるようにならないという判断です」

なるほどねぇ。

要は、例えば独力でゴールを奪えるFWを取って得点力を増やすより、より多くのチャンスを作れるようにしたい、ってとこでしょうか。まぁ確かに、ドウグラスはなんやで中盤に降りたりサイドに流れたりしてゴールから遠ざかるプレーが多い。そこを、ゴールを獲らせる仕事に集中させてあげたいとこですからね。

別に大したことでもないけど、言われてみればそういう考え方もあり。得点力不足だから強力なFWを取れって考えるのはあまりに短絡的で、そういうところを見てるっていう意味ではやはりGMなり監督はプロなのかなって。まぁ結局は結果が出るか出ないかの話ではあるんですが。

永井先生の代役の期待

西が丘での岐阜戦で永井は数分で負傷交代しましたが、たったこの数分で決定的なチャンスを一度演出しています。交代してしまった事実よりも、自分はこれを評価したいなと思ってました。ボールをゴールに近づける、チャンスを作るってどういうことかをチームで最も理解して実践できるのが、永井でした。

ただ問題は、頭ではわかってても体がついてこない。技術的にも体力的にもあと一歩のところで衰えを露呈してしまい、そのプレーを具現化できていなかった現状もある。

二川に期待するのはまさにそれ。
永井がやりきれなかった、チャンスを作るプレーを具現化してゴールにつなげる、それを若い選手たちに具体的に見せる。

週末の北九州戦、出番は必ずやってくるでしょう。コンディションは問題ないわけですから。攻撃がやや上向いている状況でさすがにスタメンはないとは思いますが。まずは途中出場で、それこそ永井がやってきたときにヤスさんが言っていた「魔法のような力」を見せてゴールを演出して欲しいものです。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村