コンドルとカモメのVoyage

NMB48目線で振り返る~AKB48選抜総選挙2016~

time 2016/06/23

NMB48目線で振り返る~AKB48選抜総選挙2016~

間もなく1週間経とうとしていて、メンバーも気持ちも切り替えて新しいお仕事に臨んでいるのにあれなんですが、やっぱり悔しいんですよねー。

sponsored link

総選挙結果

今年の総選挙のランクイン結果はこちら。

==========
■45thシングル選抜■
第4位 山本 彩 Team N

■アンダーガールズ■
第24位 白間 美瑠 Team M(AKB48 チームA兼任)
第25位 沖田 彩華 Team M

■ネクストガールズ■
第33位 矢倉 楓子 Team M
第39位 薮下 柊 Team BII
第41位 藤江 れいな Team M
第44位 須藤 凜々花 Team N

■フューチャーガールズ■
第52位 太田 夢莉 Team N
第56位 渋谷 凪咲 Team BII

■アップカミングガールズ■
第66位 岸野 里香 Team N
第77位 吉田 朱里 Team N
==========

合計11人がランクイン。去年から比較すると、卒業した梅田彩佳(56位)、小谷里歩(54位)、卒業発表した渡辺美優紀(12位)、不出馬の上西恵(36位)、谷川愛梨(74位)の他、加藤夕夏(59位)、市川美織(79位)の7名がランク外。
代わりに、沖田、須藤、太田、岸野が初ランクインという結果。

議席数では、AKB:28人、SKE:20人、HKT:19人、NGT:2人と、新設のNGTを除いては最下位と、グループ間の戦いでは去年に続き最下位。

さや姉は昨年の活躍がそのまま結果に

まずは4位のさや姉。結果的には、AKB、SKE、HKTの女王争いの中で4番目だったという事実はありますが、そもそも上の2人はさらなる別次元だったこと、珠理奈とも2000票差とあとちょっとだったこと、そして何より昨年から2万票も伸びてることを考えれば、十分な結果だと思いますよ。
NMBとしてだけじゃなく、AKBの中心メンバーとして「365日の紙飛行機」などで露出しまくった効果はちゃんと出てますし。

もちろん彼女自身はてっぺんを常に狙ってるわけですが、総選挙に並みならぬ意地を見せるSKE、なかなか火が着ききらないNMBファン、そういう構図の歴史もあるなかでのこの結果。うーん。しょうがないのかなって。
とはいえ、昨年のかしわげさんは一気に7万票アップして2位に食い込み、今年また7万票ダウンで5位転落っていうこともあり、何か大きな力が動けば2位も狙える位置にいるってことなんですがね。

2番手争いに沖田彩華が殴り込みか?

NMB全体のなかで大躍進を遂げたのが、あーぽんこと沖田。いろいろ過去の黒い歴史もあって、金子支配人の言うところの「実力は認めつつも、自信を持って送りだせない」という時期を乗り越え、ドキュメンタリー映画の恩恵も最大限に受けて一気にアンダーガールズ入り。

1期生で今年21歳、ちょっと遅くはなったけど、やっとこれから本格的に活躍が期待できそう。ビジュアルも良い、歌やダンスも良い、グラビアも超絶エロい。NMBの次世代はふうみる・なぎっしゅー・ゆーりりぽんの6神将と言われてまぁその通りなんでしょうけど、中途半端に今年の一発で終わるんじゃなく今後はもっとNMBの中心として頑張ってほしいですけどね。

で、その6神将を頭一つ抜け出した、みるるんこと白間。

AKBを兼任してきた結果がやっとアンダーガールズ入りに繋がったのは嬉しい限りですが、それでもまだ24位か・・・と。みるきーなき今後、本当にAKBの16人選抜を狙わなきゃいけないところまできました。でも、たぶんみるるんをあまり知らない人たちにとっては、ただのカワイイ子なんじゃないかと思ったり。確かにビジュアルは抜群なんですよ、個人的にはAKBグループでもトップクラスだと思ってるし。でも、根っからの関西人で、面白い子なんです。それをどう見せていくか。
「この子、かわいいし、なんか面白い!」
っていう、その”なんか”の部分を見せていけるか。

まとめ

って、一人一人語ってたら終わらないので、この辺で締めます!

ただ一つ言いたいのが。確かに議席数は実質最下位だけど、別にNMBが人気ないってわけでもないと思うんですよ。ただ、総選挙に対する熱量、お金の使い方が他より少ないだけで。実際、CDの売り上げでは少なくとも劣ってないわけで。

ただ、多くの人の見やすい指標が総選挙の結果。

それだけ見て、NMBってなんだかねーとか思われるのが、本当悔しいですよね。自分も大した投票してないのにこんなこと言うのあれですが。

ドキュメンタリー映画を見たら、矢倉楓子にみんな引きつけられるはずだし、TEPPENラジオを毎週聞いてれば上西、渋谷の面白さはハンパないし、藤江さんは安定しすぎだし、須藤凜々花というとんでもない爆弾もいるし・・・

NMBってほんと、楽しいグループです。
ただ、同じくらいの年齢で、同じ時期に頭角を現してしまったのがもしかしたら他と比べて抜け出せない要因なのかなぁ。。。須田亜香里や柴田阿弥のように、グループの中で急にドカンときてそのまま上位定着しちゃうやり方のほうが正解なのかもしれませんが。

まぁとにかく、選挙は選挙。NMBはNMB。昨日に、今年の甲子園のテーマソングをAKBが歌うことが決まり、さや姉がセンター、ふうみるも選抜入りと幸先は良い。今年は、さや姉に頼らずともNMBがグループの中で存在感を増していけますように・・・

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村