コンドルとカモメのVoyage

第16節 vsレノファ山口(A)プレビュー~最強の矛には矛で対応せよ~

time 2016/06/03

第16節 vsレノファ山口(A)プレビュー~最強の矛には矛で対応せよ~

去年の金沢戦の時もそうだったんですけどね、「昔はTVで見てたあのヴェルディがついにこの町にやってくるよ!ウヒョー!」っていう反応を見てるとさ、「なんか、そんな期待してもらっちゃってるのにこんなチームですみません…」っていう申し訳なさがいっぱいになっちゃいますよ。しーかーも、あちらは超攻撃的サッカーでJ2に旋風を起こしてるときてる。下手すりゃボッコボコ。さぁどうなりますかね。

sponsored link

スタメン予想

LINEUP111464941773439

まずはじめに。
これまで鈴木椋大選手の顔写真に重大な誤りがございました。鈴木椋大選手、およびファンの方、関係者の方に多大なご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんでした。以後、このようなことがないように気をつけます。

目には目を、攻撃には攻撃を

もう非公開だし、海江田さんもある程度は情報を抑制するようになっちゃったし、スタメンとかわからないですよね。練習見にいってないですし。まぁ前節のメンバーから大きく変わることなく、負傷した大輔が代わるんじゃないかなとは思ってます。

で、相手は超攻撃的サッカーのレノファさん。
実は去年も観に行ってるんですけど、そのときは最下位のY.S.C.C.に6-0で快勝。もっと正確に決めてれば、あと3点くらいいけたんじゃない?という試合だったんですが、一方で、守備もそこまで良くはなかった。割とY.S.C.C.が粉砕覚悟で攻めにきててチャンスを作ってて、精度がもうちょっとあれば2点くらいは取れてたよなぁっていう試合でした。

ここまでJ2で15試合やって、攻撃力で相手を押し込みつつも、根本的な守備の部分はそう変わってないんじゃない?っていう印象です。

あの攻撃を抑えるのは簡単ではないけど、きっちり守ろうとすればするほどその上をいってくる。本当に、攻撃に関してはよく組織化されたサッカーをするチームですから。であれば逆に、型にはまらない守備というか、ある意味ヴェルディらしく竜士の全力プレッシングをやってやりゃいいと思いますよ。そうそうロングボールも蹴ってこないけど、そうなりゃ高さも気にしなくていいぶん小柄なうちの4バックも対応しやすい。

奪ったら、両サイドバックもボランチも1人はガンガン前線に飛び出して、長くボールを持っていたい。この試合、「山口の攻撃をどう抑えるか」よりは「どれだけうちの攻撃時間を延ばせるか」がキーになるんじゃないかと思ってます。

オレンジ3連戦のラスト、勝ってホームに帰りましょう!

sponsored link

down

コメントする




関連記事

マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村