コンドルとカモメのVoyage

第6節 vsファジアーノ岡山(A)~さぁ仕切り直しの一戦だ~

time 2016/04/02

第6節 vsファジアーノ岡山(A)~さぁ仕切り直しの一戦だ~

ここ数シーズンでも稀にない酷い試合をしてまったヴェルディ。あんなんなら、まだ一昨年の駒沢でのアビスパ戦のようにボコボコにされたほうがマシってもんです。試合後数日はどこもネガティブな感じだったんですが、さすがに1週間も経てばなんとなく気持ちも切り替わるもの。昨日のエイプリルフールではベースボールチーム「東京ヴェルディーズ」発足が話題になったり、なんとなく雰囲気も戻ってきたって感じですかね。

とはいえ、あれ、どこまで本当かわからんのをやっちゃあかんて。投票は受け付けるようだけど、グッズ販売も嘘だったら割と失望感でかいっすよ。うちのコアサポは野球ファン兼ねてる人も結構いるから、なかなか食いついてたし。

sponsored link

スタメン予想

LINEUP111459544799165
先発は左腕のアンカズ。内野はキャプテン井林が引き締め、外野も大輔と田村が声を出して盛り立てるよう。ホットコーナーには巨体のドウグラス、番長一樹はファーストで打撃に集中してもらい、セカンドの竜士とレフトの安西は1,2番としてちょろちょろしてもらう。DHには当たるも八卦当たらぬも八卦のウェズレイ、そして扇の要には大ベテランの土肥さんが怒鳴り散らす!

・・・じゃなかった。

こっちです。
LINEUP111459547426027
はい、毎度のエルゴらと海江田さん予想です(笑)
中盤をダイヤにして中後がアンカーに。そして、いまいち調子の上がらないアンカズに代わって今年から左サイドに挑戦中の大木が入りそう。去年は天皇杯の大宮戦で泉澤にチンチンにされたあたりでアカンと思ったけど、新境地で成長を見せれるか?

南秀仁を最大限に生かす

ドウグラスという武器が手に入ったことでなんか狂っちゃってた部分はあるんですが、本来のヴェルディはしっかりと地上戦でサッカーをやりたいはず。ドウグラスがいなくなったことでそのサッカーを取り戻せると思ったら、まさかそこにドウグラスがいるかのサッカーをしてしまった。

本来のサッカーをやらなかったのか。やれなかったのか。やりたくなかったのか。やる度胸がなかったのか。

ということで、今節は南をトップ下にして攻撃の経由地を作ることで、無駄なロングボールを蹴らないようになるんじゃないかと思います。

あれ、善朗が中心のチームだったんじゃなかったっけ・・・ってのはさておき、やはり南は中央で自由に、かつゴールに近いところプレーさせたい。プレシーズンに南不在時には竜士がここに入ってわけわかんない状態になってたりしたんですが、南ならバランス良くできるんじゃないかと期待できる。

特に岡山は、中盤の守備の要として活躍していた渡邊一仁が負傷欠場とのことで、矢島はともかく代わりに入るであろう島田もそこまでファジサポのなかで評判は良くない模様。南がここを制圧すれば、相手のキーマンである矢島がボールに触れる機会も必然的に少なくなる。

サイドの攻防では、少なくとも幸輝のほうは互角以上に押し込めるはずだし、前線も屈強な3バックに対しては相手の土俵に立たせないように運動量で動かしつつ、実質ダブルボランチのような善朗とJPのどちらかが攻撃に絡んでいってほしい。
まぁ相手の前線は運動量も技術もあって強力だから、そこでディフェンスが分断されたり中後が守備で手一杯になると困るんですがね・・・

去年は累積で出場停止だった井林、今年もパパはきてくると思うから、しっかり勝ちたいですね。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村