コンドルとカモメのVoyage

No.2 DF 安西幸輝

time 2015/11/26

No.2 DF 安西幸輝

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

●今シーズンの評価
昨年はルーキーながら森勇介や田中貴大といった先輩を押しのけてレギュラーの右サイドバックとして活躍した。しかし、2年目のジンクスというのは何か違うような気がしますが、とにかく1年目に見せたような爆発力は影を潜めてしまった印象です。トラッキングデータを取得したホームでのジュビロ戦でも示したように、その運動量とスプリント回数は健在で、「右の矢」のごとく持ち味を最大限に生かそうという意識は見えるのですが・・・

昨年は序盤からフルパワーを出しきって試合後半は足を攣ったり、ふらふらで守備をしていたんですが、今シーズンはしっかりとスタミナがついたのかそういったシーンは見られず。90分間フルに戦える体になったのはサイドバックとして大きな成長だとは思います。

ただ問題は判断力。
シーズン中盤に永井から指摘が入ったコメントがあったと思いますが、無茶な仕掛けをするときがある。それは周囲のサポートが少ないのも原因なんですが、あくまで彼の武器はスピードやスタミナであって、スピードが落ちた状態から相手の逆を取って抜き去るのはうまくないですからね。その辺は相手もスカウティングしてきたのか、そこで奪われるシーンが多かったように思います。
その結果なのか、ケガでしばらく休んで復帰した秋には積極性が失われ、時に安全なプレーに走る傾向にあったような。終盤のアウェイ栃木戦、幸輝に代わり善朗が入り、田村がサイドバックへスライド。点を取りに行きたいのにサイドの攻撃力を落とすのかよ!・・・って思ったら、田村がゴリゴリ攻め上がってて。どうしたもんですかねぇ。

彼の今シーズンのハイライトは、アウェイ愛媛戦のゴール。
竜士が右サイドに流れながら縦パスをおさめ、その間にオーバーラップ。中央のアランへボールが渡り、猛スピードでクロスするように駆け抜けてアランからのパスを受けてそのままゴールを奪った。こういうシーンをもっと見たいわけですよ。

守備のひ弱さはまぁいいですよ。それ考えたら、幸輝の良さは消えてしまうわけですから。

彼が今年ぶつかった壁を乗り越えるキーとなるのは、シュートだと思うんですね。縦を塞がれて中に持ち込むのはしょうがないとして、ペナの周りを左足でゆらゆらドリブルするシーンがあるけど、あれが全く怖くない。
そこで、右足に切り替えてシュートを打てる位置に持ち変える意識が高まるといいんじゃないかと。アウェイ横浜戦での安在の1点目がまさにそれ。左足しか基本使わない選手が左サイドでボールを持って縦を切られたのに、中に持ち込んで最終的に左足でドカンと決めちゃったあれ。

ディフェンスやGKに取って、クロスやパスの選択肢しかないサイドバックなんて怖くないんですよ。シュートの選択肢を見せつけること、それによってさらに縦にエグることができるんだから、その辺の意識が高まるといいなーとは思います。そりゃ左足も蹴れたら最高だけど、そんな小細工するくらいなら右足の精度をもっと高めてくれって話よ。

●来シーズンの去就
まぁ・・・目立ち過ぎずにいい感じに影を潜めてくれたので、オファーは少ないんじゃないですかね?田村はともかく、大木じゃ力不足すぎるから、残ってもらわなきゃ困りますよ。キャラ的にもね。ある意味、他の誰よりも緑以外の色のユニフォームを着てるのが想像できんよ。

sponsored link

コメント

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村