コンドルとカモメのVoyage

No.14 MF 澤井直人

time 2015/11/29

No.14 MF 澤井直人

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

●今シーズンの評価
こんな言い方をしたら申し訳ないのは十分わかってるんだけど、終盤のチームの不調は澤井の不調そのもの。ヴェルディがPO進出できなかったのは彼の不調が要因と言ってしまいたいほど。いや、それほど彼には大きな期待をしてるということなんですけどね。

昨シーズン途中でレギュラーの座を掴み、はサイドバックの幸輝とともに右サイドの矢としてグイグイ仕掛けて相手の脅威となっていた。今シーズンは主に南が右、澤井が左。試合中に入れ替えながらも基本的な配置はそうなってましたね。南のキープ力をより生かして幸輝のオーバーラップを活用したいという狙いだったんですかね。

ヴェルディユースの10番らしくテクニックはありつつ、ユース時代には3-5-2のWBや、4バック時にはサイドバックをやっていただけに縦への意識が非常に高い。加えて、左サイドで出場したことで中のカットインからミドルシュートも増えてきていた。西が丘での北九州戦で永井からのスルーパスに走り込んで決めたようなホットラインが形成されたと思ってたんですが・・・結局、シーズンはこの1点止まり。

なんでこうなってしまったのか、アウェイの福岡戦で顕著だったように次第に球離れが悪く判断も遅くなっていった。シュートも減り持ち前の良さがすっかり消えてしまいました。善朗の加入、ブルーノの復帰もあり、結局ラスト2試合は出番なく今シーズンは終了。まさにチームと同じく、失った勢いを取り戻せないまま2年目を終えてしまいました。

きっかけが何だったか、思いつくとしたらアウェイ徳島戦での退場じゃないですかね。後半開始早々にあっという間に2枚のイエローをもらってしまったあの試合。何かあの試合から、彼の勢いというか度胸みたいなのが失われてしまったように思う。
1つのきっかけで何かが崩れて持ち直せない、その辺はまだ2年目の若手にすぎなかったということでしょうか。

ただ、プロ2年で良いときも悪い時もガッツリ経験できたのは大きな財産でしょう。1つ上の10番は絶対的なレギュラーにすらなれなかったのに移籍、その上は大学へ、その上は2年目で大きな挫折を味わって移籍したわけで。来シーズンは、より絶対的な地位に立つシーズンとなればいいですね。

●来シーズンの去就
なんかあまり話題になってないけど、素質としてはすごいものを持ってるし、他からもっと注目されてもいい存在だと思うんですけどね。ま、注目されずに残ってくれるほうが良い。ブルーノよりも、よっぽどトップチームでも10番を背負ってほしい選手ですから。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村