コンドルとカモメのVoyage

No.11 MF 南秀仁

time 2015/11/29

No.11 MF 南秀仁

※写真はオフィシャルFacebookより拝借

●今シーズンの評価
9月までなら、パーフェクトの出来といっていいんじゃないでしょうか。プロ入り当初はFWとして、ストライカーとして期待されていたけど、昨年からは完全に中盤の選手に。持ち前の安定した技術をベースに視野も広く、左右どちらの足でも正確に蹴ることができる。前線でのボールの収めどころとして幸輝のオーバーラップを引き出したり、時にはボランチで出てみたり。とにかく、ヴェルディに欠かせない存在となったのは確かです。

ところが、チーム最多となる10ゴールを奪ったわりには、えっ?って思うようなシュート意識の低さを見せるときがあったのは残念。その象徴が、最終節のアウェイセレッソ戦。中後からの鋭い縦パスを右サイド・ペナのちょっと入ったあたりで受ける。きれいに止めて前を向いたまでは良かったんだけど、寄せてきたDFをかわす狙いなのか、ちょこんと出したボールをあっさりカットされる。

解説の川勝さんも言っていたように、まずターンをする方向が逆で、最初からシュートを意識していない向き方だった。あれはそのまま左回りでやや縦に持ち込めばそのまま右足でシュートを打てた。ただ、右回りでもしっかりと前を向けただけに、そこで素早く振りぬいていればシュートを打つ時間は十分にあった・・・

思うに、安全なシュートしか打たない選手となってたんですね、特にシーズン後半は。一部では、9月に起こした交通事故により安全第一になっちゃったなんて言われてます。そんなプレーをヴェルディの11番に求めてないですよ。中盤の選手といえど、必ずシュートで終わる意識、ストライカーとしての気質をもった中盤の選手であってほしい。

天才と言われ、センスの塊であるようなプレーはもう十分に魅せてくれた。あとは、そこに怖さが加わること。こいつが持ったら危ない、何するかわからない、そういう選手へとステップアップしていってほしいですね。彼なら絶対になれるはず。
いろんな意味でヴェルディの顔となってほしい。

●来シーズンの去就
上位への躍進を果たしたチームの要の選手となれば、まぁどこからかは声がかかるんじゃないでしょうか。ただ、ヴェルディの11番背負ったわけですよ。それを1シーズンで脱ぐなんて、ありえないですからね・・・。

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村