コンドルとカモメのVoyage

【Preview】ミラーゲームを制す~2017第31節vsジェフユナイテッド千葉(A)

time 2017/09/01

【Preview】ミラーゲームを制す~2017第31節vsジェフユナイテッド千葉(A)

台風接近中ですって。去年も雨だし、今年の天皇杯も超強風だし、前にも雨だったし、何かと悪天候が多いフクアリでのゲーム。無事開催できますように・・・と思いつつ、実は仕事で後半からしか行けなくなってしまいました。「試合延期になってしまえ!」と心の奥底で思っているのは内緒です。

sponsored link

スタメン予想


負傷者さえいなければ前節と同じはず。

ジェフ千葉の直近4試合




5月に試合やったときはボロクソ叩かれていたアンカーの熊谷アンドリューが持ち味を出せるようになったこと、さらに夏に名古屋から獲得した矢田旭が機能して特に攻撃が改善されてきた模様。湘南戦では試合をほぼ支配しながらワンチャンスを決められて負け、このまま継続だ!と意気込んで臨んだ山形戦は、リードしながら後半ATに稀代のエンターテイナーGK優也がやらかして同点、さらに前節は町田、清武、ラリベイが出場停止の影響で岐阜に完敗。優也も謎のアルゼンチン人GKにポジション奪われたようで。

今節はほぼ元に戻りそうながら、熊谷が出場停止。佐藤勇人なのか、アランダなのか、あるいは高橋とか?

個が際立つ4-1-2-3対決

●前回対戦はこちら

【Result】妥当な選手層の差~2017天皇杯2回戦vsジェフユナイテッド千葉~

どちらかが変な駆け引きをしない限りは、同じフォーメーションでの対決となるでしょう。そうなると、俄然中盤の3枚、すなわち内田・梶川・皓太vs佐藤(アランダ)・町田・矢田のところでの勝負が大きなポイントとなりそうです。

運動量ではうちに分があり、ボールを持ったときの攻撃力はジェフに分がありそうな感じでしょうか。町田、矢田はそこまで守備がうまい印象はありません。もちろん梶川・皓太だってそうですが、まだ運動量があるぶんカウンタープレスの威力があり守備での貢献度合いも高い。
相手のアンカーに佐藤勇人が入るのであれば、ここはぜひ狙っていきたいところ。熊谷に比べれば足元の技術が劣っているので強くプレスがかかれば脆さは出てくるはず。まぁそのぶん無難に安全なプレーと守備も良いのですが。

梶川、皓太が頑張りに頑張りまくっても最後に点を獲るのはなんやでアラン、ドゥグだったりする一方で、ラリベイ、清武もすでに2桁ゴールを奪う活躍しながら町田4点、船山4点、指宿3点と前線の選手がまんべんなく得点を獲れるのがジェフの強み。気の抜けない試合になるでしょ。ただ、もしアランダが出てくるようであれば彼の自由なプレーは割とねらい目かもしれません。

あとは・・・優也出ないんでしょうかね。あいつからゴールを奪って勝ちたいとこなんですが。

前節で愛媛という鬼門を突破、今節はそれ以上にいまだ未勝利の鬼門フクアリ。先週以上に強い気持ちと、大きいタッパーを持って乗り込みましょう。
●フクダ電子アリーナのご案内

フクダ電子アリーナ~今後の日本のスタジアムのお手本~

写真が少な目なのは、やはり悪天候が多いからです(笑)

sponsored link

down

コメントする




マリーンズ

雑ネタ



sponsored link

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村